シャルル・シャノワーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・シャノワーヌ
Charles Sulpice Jules Chanoine
Chanoine.jpg
1898年、陸軍大臣時のシャルル・シャノワーヌ
生誕 1835年12月18日
コート=ドール県 ディジョン
死没 1915年1月9日(満79歳没)
マルヌ県 ボードメン
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1851 - 1900
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

シャルル・シュルピス・ジュール・シャノワーヌ: Charles Sulpice Jules Chanoine1835年12月18日 - 1915年1月9日)は、フランスの軍人。最終階級は陸軍大将。陸軍大臣(在任: 1898年)。

経歴[編集]

慶応3年(1867年)に陸軍教官団を率いて来日、江戸幕府軍事顧問団として歩兵砲兵騎兵のいわゆる三兵教練指導にあたった。

第一次フランス軍事顧問団はオーギュスタン・デシャルムジュール・ブリュネ砲兵中尉、アルベール・シャルル・デュ・ブスケ中尉、メッスロー歩兵中尉、ジュールダン工兵大尉、アルテュール・フォルタンアンドレ・カズヌーヴフランソワ・ブッフィエジャン・マルランを含む士官6名、下士官13名の総勢19名。戊辰戦争において、フランス本国の中立方針に反して箱館まで旧幕府軍とともに転戦したブリュネ大尉の脱走には暗黙の了解をしていたとされる。

1868年11月に日本からフランスに帰国。以後、陸軍大将まで昇進し、1898年にはフランス第三共和政アンリ・ブリッソン内閣の陸軍大臣に就任する。この時、日本時代の知古であるジュール・ブリュネ少将を陸軍参謀総長に登用した[1]。後にドレフュス事件ではアルフレド・ドレフュスの再審には反対したが、後に事件の長期化と混迷を招いた責任をとって退任した。日清戦争における利益を図った功として、1895年(明治28年)に明治政府から勲一等旭日重光章を授与されていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・シムズ『幕末・明治日仏関係史 -1854~1895年-』2010年、ミネルヴァ書房、p123
  2. ^ 篠原宏『陸軍創設史 フランス軍事顧問団の影』リプロポート、1983年、p281

関連項目[編集]

先代:
Émile Zurlinden
フランスの陸軍大臣
1898
次代:
Édouard Locroy