シャルル・ケクラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ケクラン
Charles-Louis-Eugène Koechlin
1900年頃(撮影者不詳)}
1900年頃(撮影者不詳)
基本情報
出生 1867年11月27日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1950年12月31日(満83歳没)
フランスの旗 フランスコート・ダジュール
職業 作曲家、音楽教師

シャルル・ルイ・ウジェーヌ・ケクラン (Charles Louis Eugène Koechlin、1867年11月27日パリ - 1950年12月31日コート・ダジュール) はフランス作曲家、音楽教師。ケックラン、ククラン、ケシュランとも表記されるが、ケクラン家のHPによるとフランス語で Kéklin つまり「ケクラン」([keˈklɛ̃])と発音する。

15歳から作曲を始めたが、若くして徴兵された。病気で退役後の1889年からパリ音楽院ジュール・マスネガブリエル・フォーレ、アンドレ・ジュダルジュに師事。その後、クロード・ドビュッシーのバレエ『カンマ』、フォーレの劇音楽『ペレアスとメリザンド』のオーケストレーションを担当。1937年にはスコラ・カントルムの教授に就任し、後にはアメリカカナダでも教鞭を取った。

さまざまな形式により、作品番号226にいたる極めて多くの作品を残した。キップリングの『ジャングル・ブック』による一連の管弦楽曲、ピアノ五重奏曲・ホルンソナタ・オーボエソナタなどの室内楽曲、ピアノ曲、歌曲などが知られる。旋法を使うなど伝統的な音感覚の曲だけでなく、無調の曲も書いていて多様な作風を示すが、緩やかなテンポの静謐な楽曲に独自の特色がある。

また、ハリウッド映画に触発された作品(「7人のスター交響曲」、「リリアン(・ハーヴェイ)のアルバム」など)も数多く残している。

教師としては、和声法及び対位法の著作を多く残した。弟子には、フランシス・プーランクジェルメーヌ・タイユフェールらがいる。

著作[編集]

日本で出版されているもの。

  • 和声の変遷(清水脩/訳、音楽之友社
    • この本はケクランによる「和声法(全三巻)」から、第二巻の「和声の変遷」だけを訳したもの。

外部リンク[編集]