シャルル・カミュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャルル・エティエンヌ・ルイ・カミュ(Charles Étienne Louis Camus、1699年8月25日 - 1768年2月2日)はフランスの数学者技術者である。

イル=ド=フランス州英語版のクレシー=アン=ブリー(現在のイル=ド=フランス地域圏クレシー=ラ=シャペル英語版で生まれた。建築天文学を学び、1727年科学アカデミーの会員に選ばれた。ロンドン王立協会の会員にも選ばれ[1]、建築アカデミーの幾何学の教授を務めた。1736年にピエール・ルイ・モーペルテュイアレクシス・クレローとともに、地球の形状を調べるための子午線弧長を測量するラップランドトルネ谷)の調査隊に加わった。1766年に彼が著した数学の入門書Cours de mathématiquesは広く用いられた。

歯車とその利用についても研究し、ジラール・デザルグフィリッペ・ドゥ・ライールオーレ・レーマーらとともにサイクロイド歯車の発明者であるとされる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Camus; Charles-Etienne-Louis (1699 - 1768)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月25日閲覧。