シャボン泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャボン泥棒(Ladri di Saponette)は1989年イタリア映画

解説[編集]

自作をCMでブツギリにされた映画監督がTVの世界に入り込んでいくというコメディ・タッチのファンタジー映画。主人公がテレビ番組の世界に入るという『カラー・オブ・ハート』に先駆けた映画ではあるが、こちらの方がよりユーモラスであり『カラー・オブ・ハート』のような下手に深刻ぶったところがなくファンタジーに徹している。

ストーリー[編集]

映画監督のマウリツィオは自作の『シャボン泥棒』が放映されるにあたってテレビ局に招かれる。作品はかつてのネオ・レアリズモ風味の映画であるが、CM放映のせいで作品が台無しにされるとマウリツィオは怒る。しかし、突然停電が起こりなんとCMの水着モデルが自作の映画に入り込んでしまい、さらに作品の中のマリアがCMの世界に逆に迷い込んでしまったからさあ大変!マウリツィオの『シャボン泥棒』はおかしな方向へ事態が進みマウリツィオ自らTVの世界に乗り込むが…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]