シャフレ・コルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯32度19分32秒 東経50度51分52秒 / 北緯32.3255556度 東経50.8644444度 / 32.3255556; 50.8644444

シャフレ・コルド
شهركرد
シャフレ・コルドの位置
シャフレ・コルド
シャフレ・コルド(イラン)
イラン
チャハール=マハール・バフティヤーリー
緯度
経度
北緯32度19分32秒 東経50度51分52秒 / 北緯32.3255556度 東経50.8644444度 / 32.3255556; 50.8644444
標高 2,065 m
人口 139,730 人 (2008)
- 都市
出典 : Gazetteer.deIndex Mundi

シャフレ・コルドペルシア語: شهرکرد‎; Shahr-e Kord)はイラン西部、チャハール=マハール・バフティヤーリー州の州都。エスファハーンの西南107km、テヘランからは同じく西南521kmに位置する。

もともとは「デフ・コルド」すなわち「クルドの村」の名であった。都市化と人口の増加にともない1935年、「シャフレ・コルド」すなわち「クルドの町」へと名称が変更された。人口は2008年の概算で139,730人[1]

シャフレ・コルドでは伝統的にレンガ、モザイク、米粉、織布の生産地である。また熱気発電所マイクロ波中継局、電信局が置かれており、複数の大学が所在する。

シャフレ・コルドの海抜2061mはイランの諸都市でももっとも高い部類に入る。気候は冬は乾燥して冷涼、夏は穏やかである。約35kmの地点にはリフトを備えたスキーリゾートがある。また湿原や湖沼もあって自然観光資源となっている。

デフ・コルドの語源はデジュ・ゴルド(دژگرد)で、デジュは砦、ゴルドはアスリートを意味する。イスラーム期にはいって、アラブ人がジュとグの音が発音できないため、デフ・コルドに変化した。

脚注[編集]

  1. ^ The World Gazetteer”. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]