シャドー・チェイサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャドー・チェイサー
The Cold Light of Day
監督 マブルク・エル・メシュリ英語版
脚本 スコット・ワイパー英語版
ジョン・ペトロ
製作 トレバー・マーシー
マーク・D・エヴァンス
製作総指揮 ケヴィン・マン英語版
出演者 ヘンリー・カヴィル
ブルース・ウィリス
シガニー・ウィーバー
音楽 ルーカス・ヴィダル英語版
撮影 レミ・アデファラシン
編集 ヴァレリオ・ボネリ
製作会社 イントレピッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年9月7日
日本の旗 2012年10月27日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

シャドー・チェイサー』(The Cold Light of Day )は、2012年アメリカ合衆国アクション映画

ストーリー[編集]

自分の会社が倒産しそうなのに、ウィル・ショーは休暇を過ごす家族に会うためにスペインに来る。大使館の文化交流員をしている厳格な父マーティンとは確執があり、気がすすまなかった。母ローリー、弟ジョシュ、その恋人ダラと合流するが、会社が破産したという電話を受け、気まずくなって外出する。ウィルが戻ると、家族のクルーザーが荒らされ、全員が行方不明。警察に捜索を依頼するが、逆に警官たちに襲撃される。父親は自分がCIAの工作員であることを告白する。CIAの同僚ジーン・キャラックとマドリードで合流して、奪われたブリーフケースを24時間以内に返さないと家族が殺されると言われ、協力を要請する。車に戻った瞬間、父親が狙撃されて死亡。ウィルは父親の拳銃と携帯電話を手に必死に逃げ、アメリカ大使館に駆け込む。家族が誘拐されたという彼の訴えを職員は取り合わず、警官殺しの容疑を掛けられてしまう。ジーンも協力するというが、奇妙な態度ので逃走。犯人から電話があり、「カバンか、家族の命のどちらかだ。時間稼ぎをするな。午後6時に太陽の門に来い」という。ディエゴに会いに行くが襲われ、姪とともに探すが既に殺されていた。ジーンは父親が敵にカバンを渡したという。傷は姪の友人が治療。姪が妹だと判明。ジーンと市街戦になる。

キャスト[編集]

公開[編集]

2012年4月6日にイギリスで、同年9月7日に全米で公開された。日本では同年10月27日に公開された。

外部リンク[編集]