シャドウタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャドウタワー』は、フロム・ソフトウェアPlayStation向けに発売した主観視点アクションRPG

概要[編集]

キングスフィールドシリーズで有名なフロム・ソフトウェアが、似たインターフェイスで制作したゲームソフトとして話題を呼んだ。その内容はインターフェイスこそキングスフィールドと酷似していたが、システム周辺が異なる。

数々の制約やゲームデザイン、実質的にレベル上げが行えないゲームシステムで、元々難易度が高いという認識があったキングスフィールドシリーズを上回っているという印象からか、クリアを断念するプレイヤーも多かった、しかし、その洗練されたギリギリのゲームバランスに魅せられ、ファンとなったプレイヤーも多い。

一概にキングスフィールドより難易度が高いとは言えないが、全てが有限であるため緻密な戦略性が必要になり、そのハードルは高いと言える。

難易度の高さ、突き放したゲームデザイン、BGMが無く効果音だけのサウンドなど、その硬派な内容は同社のソフトの中でも抜きん出ている。

本作は続編として『シャドウタワー アビス』もPlayStation 2にて発売されている。

成長システム[編集]

本作はRPGながらレベルという概念が無い。その代わりモンスター毎に上昇するステータスが設定されており、モンスターを倒した際に、それが少しずつプレイヤーに蓄積される仕組みになっている。また、ステータスにポイントを割り当てるアイテム等も存在し、それらによってプレイヤーを強化していく。

しかし、アイテム並びにモンスター数も固定なため、実質的にレベル上げと呼ばれるような行動は不可能であり、プレイヤーはいかに有限の敵を探し出して駆逐し、数限られた強化アイテムを使用するかという選択を常に迫られる。

アイテム[編集]

全てのアイテムは有限(アイテムは購入可能だが、購入するための対価であるクーンが有限)なため、回復アイテム1つ取っても使いどころが問われる。

武器や防具などの装備品には耐久度があり、耐久度が0になった装備は使うことが出来ない。耐久度はHPと引き換えに修繕が可能だが、回復アイテムが有限である以上HPも有限であり、その取捨選択も重要。装備品は回復アイテムと交換する事が出来るが、逆は不可能。

ただし、武具にはHP自動回復効果を持つものや、HP吸収効果を持つもの等もあるので、それらを手に入れることでアイテムの消費無しに回復は可能。しかし自動回復では最大HPの半分までしか回復は行われない。また自動回復にはかなり時間を要するが、自動回復効果は重複するため、武具を複数装備することで回復を早めることも出来る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]