シャトー=ティエリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Château-Thierry
Blason Château-Thierry 02.svg
Château-Thierry Mairie Tour Balhan Remparts.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ピカルディ地域圏
(département) エーヌ県
(arrondissement) 郡庁舎所在地
小郡 (canton) 小郡庁舎所在地
INSEEコード 02168
郵便番号 02400
市長任期 ジャック・クラバル
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la Région de Château-Thierry
人口動態
人口 14 794人
2007年
人口密度 894人/km²
住民の呼称 Castrothéodoricien/Castelthéodoricien
地理
座標 北緯49度02分 東経3度24分 / 北緯49.04度 東経3.40度 / 49.04; 3.40座標: 北緯49度02分 東経3度24分 / 北緯49.04度 東経3.40度 / 49.04; 3.40
標高 平均:m
最低:59m
最高:222m
面積 16.55km² (1 655ha)
Château-Thierryの位置
Château-Thierry
公式サイト www.ville-chateau-thierry.fr
テンプレートを表示

シャトー=ティエリChâteau-Thierry)は、フランスピカルディー地域圏エーヌ県コミューンレジオン・ドヌール勲章を授けられているまれなコミューンのひとつである。

地理[編集]

マルヌ川谷の中にある。川床から丘の上にかけて高度に都市化がされている。コミューンの地形は山がちである。

コミューン北部は(地方区分上で)ピカルディー、西部はイル=ド=フランス、東はシャンパーニュと接する。現在は行政上ピカルディー地域圏に属するが、フランス革命まではシャンパーニュ地方に属した。実際にシャトー=ティエリのたたずまいは、丘とブドウ畑の連なるシャンパーニュ地方のコミューンそのものである。マルヌ川谷は交通網の要所(パリストラスブール間の鉄道と高速道路が通過する)である。

シャトー=ティエリ駅はトランジリアンのトランジリアン・パリ・エスト路線のターミナル駅である。加えて、TERヴァレ・ド・ラ・マルヌの路線駅でもある。エーヌ県南部とパリとを結ぶ路線が多くあり、県内有数の混雑する駅である。主要道はA4D1などである。

由来[編集]

5世紀以降、オトムス(Otmus)と呼ばれていたのが最古の地名の記録である。オトムスとは、エーヌ県南部の地方であるオモワ地方(le Pays de l'Omois)に由来している。718年には城の周りにコミューンが成長し、シャトー=ティエリの名が現れる前はカストルム・ティデリシ(Castrum Tiderici)またはカストルム・テオドリック(Castrum Theodoric)と呼ばれていた。1793年に始まる恐怖政治時代には、エガリテ=シュル=マルヌÉgalité-sur-Marne)と改名させられていた。

歴史[編集]

ティエリ城

文明化の最古の記録は、鉄器時代の墓の跡である。ローマ時代、マルヌ川やソワソントロワ間の道路が横断する利点を生かして地方第2の町であった。

732年のトゥール・ポワティエ間の戦いでアラブ軍を退けたカール大帝は8世紀以降にシュヌー谷を見下ろす山地に定住した。彼はこの場所に宮殿や農場を建設した。721年には即に自分のものとなる城の建設をしようと思い立った。そこがブリュンヒルド王妃によって修繕が行われたローマ街道の重要な位置であったからである。シェル修道院にいるダゴベルト3世の子で、ティエリと呼ばれる若い王子が見出された。即位後彼はテウデリク4世(ティエリ4世)と名乗った。若い王は王国の中枢を占める人々に疎まれ、要塞に閉じ込められた。これがコミューンの起源である。彼は737年に23歳の若さで死んだ。

877年、カール大帝の下でつくられたシャトー=ティエリ伯領はルイ2世によってヴェルマンドワ伯エルベール2世に与えられた。シャトー=ティエリは一時ラウール王に奪われるが、938年にエルベール2世が死ぬまで領有した。

10世紀半ばにトロワ伯がシャトー=ティエリを軍事的要所として適用し、彼の子孫が11世紀終わりまで領有した。12世紀にシャトー=ティエリ一帯がシャンパーニュ伯領となった。ティボー4世伯はマルヌ川の流れを戻した上でコミューンを城壁で覆い、サン=ジャック砦を築いて防衛の柱とした。ルイ7世に対して起こした戦争によってシャトー=ティエリ周囲は王軍に荒らされ荒廃した。

ティボー6世がシャトー=ティエリに邸宅を構えていたにもかかわらず、コミューンの憲章が授けられたのは1231年である。

1304年にフランス王妃ジャンヌ・ド・ナヴァールが建設させたシャトー=ティエリ病院は、現在も病院として機能している。

1544年、シャルル5世が略奪を行った。フランス革命まで、シャンパーニュ地方に属した。

シャトー=ティエリは、第一次世界大戦中の1918年にアメリカドイツが交戦した地で、前線が置かれた。第二次世界大戦中の1940年にもフランス遠征の舞台となった。

統計[編集]

シャトー=ティエリの人口は相対的に高齢者が多く、全人口の約22%を占めている。

みどころ[編集]

姉妹都市[編集]