シャッティワザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャッティワザ(Šattiwaza)またはマッティワザ(Mattiwaza, 紀元前1350年 - 紀元前1320年)は、ミタンニの王。兄弟にトゥシュラッタがいる。

ヒッタイトとの戦い[編集]

トゥシュラッタが新たなミタンニ王となると、シュッピルリウマ1世はミタンニを攻撃したが失敗した。

この後シュッピルリウマ1世は北シリアのウガリットを傘下に、従属条約を締結するとともに、婚姻外交をし、カッシート朝バビロニアと同盟を結び、ミタンニに圧力をかける。そしてまた、ミタンニを攻撃するべくイシュワを攻撃し、更にワシュカンニを目指した。

父であるトゥシュラッタは逃亡したが、トゥシュラッタは自分の息子のひとりに殺された。 ヒッタイトの王シュッピルリウマ1世は、トゥシュラッタの政敵で、「フルリ人の王」の称号を持つに過ぎなかったアルタタマ2世英語版と条約を結んでミタンニとの国境線を定めた。 シュッピルリウマ1世はミタンニの新王にアルタタマ2世を擁立した。

紀元前1330年頃には、かつてミタンニの支配下にあった東側のアッシリアの王アッシュール・ウバリト1世紀元前1365年 - 紀元前1330年)の下で次王シュッタルナ3世英語版がヒッタイトから独立した。シュッタルナ3世英語版はアッシリアの支援を模索したがヒッタイトに撃破され、トゥシュラッタの弟シャッティワザがヒッタイトのシュッピルリウマ1世の庇護を受けながら即位した。