シミュラクラ現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シミュラクラ現象(シミュラクラげんしょう、: Simulacra)とは、人間には3つのが集まった図形と見るようにプログラムされているの働き。和訳は類像現象

概要[編集]

人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手のを見る習性がある。人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、などが三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。心霊写真と呼ばれる現象の多くがこれで説明できる。

関連項目[編集]