シマロン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマロン
Cimarron
監督 ウェズリー・ラッグルズ
脚本 ハワード・エスタブルック
製作 ウィリアム・ルバロン
ウェズリー・ラッグルズ
出演者 リチャード・ディックス
アイリーン・ダン
エステル・テイラー
音楽 マックス・スタイナー
撮影 エドワード・クロンジェガー
編集 ウィリアム・ハミルトン
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1931年1月26日 (ニューヨーク)
日本の旗 1932年12月
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約143万ドル(当時)
興行収入 本文参照
テンプレートを表示

シマロン』(Cimarron)は1931年アメリカ合衆国の映画RKO製作。第4回(1930〜1931年)アカデミー賞最優秀作品賞アカデミー賞最優秀脚色賞を受賞した。

概要[編集]

原作は、当時ハリウッドでは片っ端から映画化されたベストセラー女流作家エドナ・ファーバーが1929年に発表した、壮大なスケールの米国開拓史劇である。同じ原作を元に、1960年に再映画化もされている。

配役では、ヤンシー・クラバット(リチャード・ディックス)がクレジット上で先になっているが、実はドラマの主役はほとんど彼の妻セーブラ(アイリーン・ダン)といってよく、西部開拓史における女性たちのドラマとして鑑賞した方がよい。グレート・ランや無法者たちとの撃ち合いなど西部劇的な見所も多数あるが、女性が政界に進出したり、インディアン油田の発見で富を得たり、米西戦争が勃発したりということで、近代の米国史の流れがこの作品の厚みと興味を増している、従来の西部劇とは一線を画す特異な作品である。

あらすじ[編集]

1889年のオクラホマにおける土地獲得レース、いわゆるグレート・ランが冒頭に出てくる。ウィチタ出身の放浪好きなヤンシー・クラバットがこのレースに参加しようとするが、悪徳一味の情婦ディクシー・リー(エステル・テイラー)にたぶらかされ土地獲得に失敗。故郷に戻った彼は周囲の反対を押し切り妻セーブラと息子を連れて再びオクラホマへ。オーセージという街で新聞の発行を試み、無法者たちの天下だった町の浄化に貢献、さらに悪党一味と闘い続け名士となるが、持ち前の放浪癖が顔を出し、平和になった町を後にして旅立つ。

町に残った妻セーブラは息子シマロン(シム)を育てながら新聞社の経営に努力し、女性たちの社会的地位の向上に努め、ついに下院議員に選出される。成長した息子シムはインディアンの娘と恋に落ち、母の反対を押し切って結婚する。オクラホマに石油が出たことでオーセージもその恩恵で潤い、急速に近代的な町になっていく。

時は流れ1931年、老いたヤンシーは油田の事故で人命救助にあたった際に重傷を負い、急を聞いて駆けつけたセーブラの腕に抱かれて微笑みを浮かべながら死ぬ。

キャスト[編集]

  • ヤンシー:リチャード・ディックス
  • セイブラ:アイリーン・ダン
  • ディクシー:エステル・テイラー
  • トレイシー:エドバ・メイ・オリバー
  • リッキー:ロスコー・エイツ
  • ソル・レビー:ジョージ・E・ストーン
  • フェリス:ナンス・オニール
  • キッド:ウィリアム・コリアー・Jr

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 原作、映画共に実在の人物をモデルとしている。
  • 映画化権料が当時12万5千ドル支払われた。
  • 映画冒頭のグレート・ラン(land rush)には5000名のエキストラ、28名のカメラマン、6名のスチル・カメラマン、27名のカメラ助手がついて、撮影に1週間かかった。
  • アカデミー賞最優秀作品賞を獲得したにも関わらず、この作品でRKOは約55万ドル(インフレを考慮すると現在約5800万ドル)の損失を出した。1935年再公開した際でも約143万ドルの予算で差し引き56万ドルの赤字が残った。現在まで最優秀作品賞を獲得しながら、赤字となった唯一の作品と言われている。これは、獲得の年に襲った大恐慌の影響ではという説もある。

日本語吹替[編集]

  • パブリックドメインDVD版(発売元:マックスター、ミック・エンターテイメント)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]