シマヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマヘビ
Elaphe quadrivirgata 01.jpg
シマヘビ Elaphe quadrivirgata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ナメラ属 Elaphe
: シマヘビ E. quadrivirgata
学名
Elaphe quadrivirgata
(Boie, 1826)
和名
シマヘビ
英名
Japanese striped snake

シマヘビ(縞蛇、Elaphe quadrivirgata)は、爬虫綱有鱗目ナミヘビ科ナメラ属に分類されるヘビ。無毒。

分布[編集]

日本北海道本州四国九州大隅諸島固有種

形態[編集]

黒変個体(カラスヘビ)
幼蛇

全長80-150cm。通常は淡黄色の体色に、4本の黒い縦縞模様が入るが、縞がまったくない個体もいる。種小名quadrivirgataは「4つの縞」の意。胴体中央部の体鱗は19列。体の細さに比べて鱗は大きく、皮膚に柔軟性がないため、あまり大きな餌は飲み込めない。

虹彩は赤く、瞳孔は縦長の楕円形。

幼蛇は体色が淡黄色。縦縞はないか不鮮明で、赤褐色の横縞が入る。

伊豆諸島祇苗島産の個体は海鳥の卵や雛しか食べるものがないために大型化し、2mになる個体もいる。逆に、北海道産の個体は小さく、80cmに満たない。幼蛇は赤褐色で、横縞模様がある。黒化型(メラニスティック)もいて、「カラスヘビ」(烏蛇)と呼ばれる。その個体は虹彩も黒い。わずかではあるがアルビノ個体もいる。

生態[編集]

Gifu-kegonji5694.JPG

主に耕地河川敷に住み、草原森林にも住む。危険を感じると尾を激しく振るわせ、地面を叩いて威嚇する。

食性は幅広く、ネズミ小鳥トカゲカエルヘビ等を捕食する。特に爬虫類や両生類を好み、共食いもする。飼育下ではドジョウを食べた記録もある。アオダイショウとは違い、あまりに登らず、地表を素早く動く。

繁殖形態は卵生で、4-5月に交尾を行い、7-8月に4-15卵を産む。繁殖期にはオス同士でからみつきあい争うコンバットダンスと呼ばれる行動が見られる。メスは出産直後から、しばらくの間は卵を守る。

人間との関係[編集]

本種はアオダイショウヤマカガシとともに、日本国内の農村でよく見られるヘビである。シマヘビの食性はヤマカガシよりも幅広いが、やはり主にカエル類を主食とするため、稲作の発達と共にカエルの分布が拡大し、それに伴い本種の生息範囲も広がった。 木に登ることがほとんどなく、地表を這い回るため、交通事故に遭いやすく、生息域が道路などで分断されてしまうとそれを越えることができなくなり、現在では都市の周辺では見かけなくなってきている。

地域や個体によってかなり色彩変異が見られることから、ペットとして飼育されることもある。飼育は比較的容易とされるが、同大のヘビと比べると広めのケージが必要であること、昼行性でバスキング(日光浴)を好むこと、ごく稀にカエル類にしか餌付かない個体がいること(殆どの個体はマウスに容易に餌付く)などが注意点とされる。

食用に(比較的)適するとされ、食糧難の時代にはごちそうとして扱われたという逸話がある。 性質には個体差はあるものの、アオダイショウやヤマカガシに比べると神経質で攻撃的な個体が多いとされる。また、無毒ではあるが、歯は鋭く、咬まれると痛い。口内から破傷風菌が検出されたとの報告もあるので、咬まれたら患部を水でよく洗い、消毒すること。

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、144頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、323頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、120頁。
  • 山渓ハンディ図鑑10 『日本のカメ・トカゲ・ヘビ』山と渓谷社 ISBN978-4-635-07010-2 160-167頁

関連項目[編集]