シマサルスベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルスベリ
Lagerstroemia subcostata3.jpg
シマサルスベリ
保全状況評価
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ミソハギ科 Lythraceae
: サルスベリ属 Lagerstroemia
: シマサルスベリ L. subcostata
学名
Lagerstroemia subcostata
和名
シマサルスベリ

シマサルスベリとはミソハギ科の植物の一種。学名Lagerstroemia subcostata。沖縄で「島百日紅」(しまひゃくじつこう)ともいう。

沖縄、中国、台湾に分布する落葉高木で最大20mくらいになる。花期は6~8月頃で白い花を咲かせる。樹皮は同属のサルスベリほどではないものの滑らかで、はげ落ちやすい。はげ落ちたところは木肌が見えて斑模様になる。