シマゴマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマゴマ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツグミ科 Turdidae
: Luscinia
: シマゴマ L. sibilians
学名
Luscinia sibilians
(Swinhoe, 1863)
和名
シマゴマ
英名
Rufous-tailed Robin

シマゴマ(島駒、学名:Luscinia sibilians)は、スズメ目ツグミ科に分類される鳥類である。

分布[編集]

ロシア東部のバイカル湖付近から沿海州サハリン夏鳥として渡来、繁殖し、冬期は中国南部から東南アジアに渡り越冬する。

日本では旅鳥として春に記録されるが数は少ない。主に日本海側で観察されているが、全て単独での記録である。

形態[編集]

全長約13cm。額から尾にかけての上面は褐色で、尾は赤みがかった褐色である。腹部は白色。頸の両側、胸、脇にオリーブ褐色の鱗状斑があることが本種の特徴である。

生態[編集]

平地の低木林や竹林の中にいるが、薄暗い場所を好むうえに体が小さく体色が地味なこともあって姿を見つけることは難しい。さえずりで本種の存在がわかる。

さえずりは「ヒュルルルル」とコルリに似た声を出すが、やや震えていて声量に乏しい。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ヒタキ上科 Muscicapoidea
ヒタキ亜科 Muscicapinae
ノビタキ族 Saxicolini


関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「シマゴマ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類