シマクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマクイナ
シマクイナ
シマクイナ Coturnicops noveboracensis
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
亜種シマクイナを独立種とする場合 VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: シマクイナ属 Coturnicops
: シマクイナ C. noveboracensis
学名
Coturnicops noveboracensis
(Gmelin, 1789)
和名
シマクイナ
英名
Yellow rail

シマクイナ(縞水鶏[1]Coturnicops noveboracensis)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目クイナ科シマクイナ属に分類される鳥類。

分布[編集]

  • C. n. exquisitus シマクイナ

大韓民国中華人民共和国日本ロシア南東部[a 1]

中華人民共和国北東部やロシア南東部で繁殖し、冬季になると広東省福建省、日本、朝鮮半島中南部へ南下し越冬する[2][3][4][a 2]

  • C. n. goldmani

メキシコ[4][a 1]

  • C. n. noveboracensis

アメリカ合衆国カナダ南部[4][a 1]

アメリカ合衆国北東部、カナダ南部で繁殖し、冬季になるとアメリカ合衆国南部へ南下し越冬する[3][4]

形態[編集]

全長13-19センチメートル[3]。上面の羽衣は褐色や黄褐色、黒褐色で、黒い縦縞と白く細い横縞が入る[3][4][a 2]。白い横縞が入ることが和名の由来[1]。頭部や胸部、体側面は褐色の羽毛で覆われる。喉や腹部の毛衣は白い[2][4]。顔や胸部、体側面の羽衣は褐色や黄褐色で、体側面には黒や黒褐色、白や淡褐色の不明瞭な横縞が入る[3][4]。初列風切は黒や黒褐色[3][4]。次列風切は白く[3][a 2]、基部は灰色[4]

後肢は褐色や黄褐色[3][4][a 2]

  • C. n. exquisitus シマクイナ

全長13センチメートル[2][3]

分類[編集]

亜種シマクイナを独立種とする説もあり、その場合は種C. noveboracensisの和名がアメリカシマクイナになる[2][3]

  • Coturnicops noveboracensis exquisitus (Swinhoe, 1873) シマクイナ Swinhoe's rail
  • Coturnicops noveboracensis goldmani
  • Coturnicops noveboracensis noveboracensis (Gmelin, 1789)  Yellow rail

生態[編集]

湖沼湿原ヨシ原に生息し、非繁殖地では塩性湿原も含めた湿原、農耕地などにも生息する[2][4]。危険を感じるとごく短い距離を飛翔するか、茂みに隠れる[2][4]

食性は雑食で、爬虫類、無脊椎動物などを食べる[4]

繁殖形態は卵生。茂みに巣を作り、8-10個の卵を産む[4]。飼育下ではメスのみ抱卵した例があり、抱卵期間は17-18日[4]。飼育下ではメスのみ育雛を行う[4]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、水田の乾田化、農薬による獲物の減少などにより生息数が減少していると考えられている[2][a 2]

  • C. n. exquisitus シマクイナ

絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト[a 3]

Status jenv EN.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、135頁。
  2. ^ a b c d e f g 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、98-99、197頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、171頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、67、163頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008.0. Coturnicops exquisitus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
    • BirdLife International 2009.0. Coturnicops noveboracensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b c d e 環境省 自然環境局 生物多様性センター
  3. ^ 環境省
執筆の途中です この項目「シマクイナ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類