シマガツオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマガツオ科
Brama brama 1.jpg
シマガツオ属の1種(Brama brama
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: シマガツオ科 Bramidae
英名
Pomfrets
下位分類
本文参照

シマガツオ科Bramidae)は、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。2亜科7属からなり、シマガツオベンテンウオなど外洋性の海水魚を中心におよそ22種が含まれる[1]

概要[編集]

シマガツオ科は太平洋インド洋大西洋など、世界中の外洋に分布する[1]熱帯亜熱帯域の表層から深海にかけて、幅広い生息範囲をもつ。稚魚や若魚は表層で生活するとみられるが、成魚の生態はよくわかっていない種類が多く、完全に深海に移行するもの、シマガツオ B. japonica のように夜間は表層に浮上するものなどが含まれる。

本科魚類はマグロなど大型回遊魚にとっての重要な餌資源となっており[2]、しばしば彼らの胃内容物から見出されるほか、延縄漁でも混獲される。前述のシマガツオ(エチオピアとも呼ばれる)をはじめとする資源量の多い一部の種類は漁獲対象となり、粕漬けなど食用として利用される[2]

形態[編集]

シマガツオ科の魚類は左右に平べったく、強く側扁した体型をもつ[2]。体は強固なに覆われ、背中側は黒色、腹側は銀白色の体色をもつことが多い[2]。体長は最大種で85cmに達する。

背鰭は1つで、前方の棘条は分枝しない。シマガツオ亜科では背鰭・臀鰭の前方の鰭条が長く突き出す一方、ベンテンウオ亜科の両鰭は非常に大きく、体部全体の面積を超えて広がる種類もある[1]。臀鰭の棘条を欠き、尾鰭は大きく二又に分かれる。椎骨は36-54個。

分類[編集]

シマガツオ科はシマガツオ亜科・ベンテンウオ亜科の2亜科7属の下、およそ22種が含まれる[1]。チカメエチオピア属は本科の中で最も原始的なグループと考えられている[1]

シマガツオ亜科[編集]

シマガツオ属の1種(Brama brama)。シマガツオ亜科の仲間は背鰭・臀鰭の鰭条の一部のみが伸長し、腹鰭は胸鰭のほぼ真下にある
ベンテンウオ属の1種(Pteraclis carolinus)。ベンテンウオ亜科の背鰭・臀鰭は全体的に大きく、腹鰭は胸鰭より前方、喉の位置に近い
ベンテンウオ属の1種(Pteraclis velifera)。ベンテンウオ亜科では本種のように、体側の面積を超えるほどの大きな鰭をもつものがいる

シマガツオ亜科 Braminae は少なくとも5属16種を含む。背鰭・臀鰭の基部は鱗で覆われており、を完全に折りたたむことはできない[1]。腹鰭は胸の位置にある。ルーマニア漸新世地層から、化石群として Paucaichthys 属が知られている[1]

  • シマガツオ属 Brama
  • チカメエチオピア属 Eumegistus
  • ヒレジロマンザイウオ属 Taractichthys
  • マンザイウオ属 Taractes
    • ツルギエチオピア Taractes rubescens
    • マンザイウオ Taractes asper
  • Xenobrama
    • Xenobrama microlepis

ベンテンウオ亜科[編集]

ベンテンウオ亜科 Pteraclinae は2属5種からなる。背鰭・臀鰭は非常に大きくなるが基部に鱗はなく、完全に折りたたむことが可能。腹鰭はほぼ喉の位置にある。

  • ベンテンウオ属 Pteraclis
  • リュウグウノヒメ属 Pterycombus

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.364-365
  2. ^ a b c d 『日本の海水魚』 p.328

参考文献[編集]

外部リンク[編集]