シボレー・アバランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シボレー・アバランチChevrolet Avalanche )は、アメリカ自動車メーカーゼネラルモーターズ (GM) がシボレーブランドで販売するフルサイズピックアップトラックスポーツユーティリティトラック)である。

概要[編集]

アバランチはSUVシボレー・サバーバンをベースにリアセクションをオープンベッド化した車種である。ベッド(荷台)には着脱可能なカバーが備えられている。アバランチの最大の特徴は「ミッドゲート」と呼ばれるキャビンとベッドを仕切る可動パネルである。リアシートを倒した上でリアウインドウを取り外してミッドゲートを倒すことによって、さらに長い荷物を積むことが可能となる(その代わり当然ながら後席には人が座れなくなる)。GMはこのアバランチと姉妹車のキャデラック・エスカレードEXTをスポーツユーティリティトラック (SUT) として販売している。

また、フルサイズSUVシボレー・タホ、シボレー・サバーバン、GMC・ユーコンハマーH2、そしてフルサイズピックアップトラックのシボレー・シルバラードGMC・シエラとは車台を共用している。

歴史[編集]

初代(2001年~2006年)[編集]

シボレー・アバランチ(初代)
初代(2002年モデル)
1st-Chevrolet-Avalanche.jpg
初代(2003~2006年モデル)
2003-06 Chevrolet Avalanche WBH.jpg
販売期間 2001年~2006年
ボディタイプ 4ドアピックアップトラック
エンジン 5.3L V8
8.1L V8
変速機 4AT
駆動方式 FR4WD
全長 5,631mm2001年2002年
5,629mm(2003年2006年
全幅 2,027mm
全高 1,862mm(2001年~2002年)
1,869mm(2003年~2006年)
ホイールベース 3302mm
-自動車のスペック表-

SUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)として初めて登場した、フォードエクスプローラースポーツトラックの後を追い、GM初のSUTとして、2001年2002年モデルで登場した。アバランチはGMT800プラットホームをベースとしているため、初のフルサイズSUTでもあった。フロントのスタイルは、同年にフェイスリフトしたシルバラードと似ているが、フロントライトがシルバラードよりもつり目気味になるなど若干異なっている。シルバラード・ヘビーデューティー用の8.1Lという超大排気量のエンジンを搭載したグレードもあった。2002年のモーター・トレンド誌の「SUV・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

2003年モデルで、フロント周りが変更され、シルバラードと共通のフロントフェイスになった。

2代目(2006年~2012年)[編集]

シボレー・アバランチ(2代目)
2代目
2nd-Chevrolet-Avalanche.jpg
販売期間 2006年~2012年
ボディタイプ 4ドアピックアップトラック
エンジン 5.3L V8
6.0L V8
変速機 4AT
駆動方式 FR、4WD
全長 5,821mm
全幅 2,009mm
全高 1,946mm
ホイールベース 3,302mm
-自動車のスペック表-

GMT900プラットホームをベースとする2代目は、SUVタホサバーバンにやや遅れて2006年2月のシカゴオートショー2007年モデルとして発表された。フロントフェイスがそれまでのシルバラード顔からタホやサバーバンと共通のものに変わった。

2012年4月13日、GMは同年限りでアバランチの製造を終了すると発表した。最終年を記念して2013年モデルには特別仕様車のブラックダイアモンドエディションが設定された[1]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chevrolet Avalanche to End its Trendsetting Run”. GM Media Online (2012年4月13日). 2012年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]