シフォンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シフォンズ(The Chiffons)は、1960年ニューヨークブロンクス区出身のメンバーによって結成されたアメリカ合衆国ガール・グループgirl group、女声コーラス・グループ)。

経歴[編集]

シフォンズは、1960年代初頭を代表するガール・グループのひとつであった。タイトなハーモニー、大胆で自由な態度、ヒット曲を連発したジェリー・ゴフィンキャロル・キングが作詞作曲した「One Fine Day」などの楽曲などによって、シフォンズは、当時のガール・グループらしいサウンドの概念を決定づけるような音楽を生み出していった。

シフォンズは、もともとは3人組で、リード・シンガーのジュディ・クレイグ(Judy Craig、1946年8月6日 - )と、パトリシア・ベネット(Patricia Bennett、1947年4月7日 - )、バーバラ・リー(Barbara Lee、1947年5月16日 - 1992年5月15日)から成っていた。1960年、彼女たちはブロンクス区ジェームズ・モンロー高等学校(James Monroe High School)でグループを結成した。1962年には、ロナルド・マック(Ronald Mack)というソングライターの勧めで、シルヴィア・ピーターソン(Sylvia Peterson、1946年9月30日 - )をメンバーに加えた。彼女は14歳のときに、リトル・ジミー&ザ・トップス(Little Jimmy & the Tops)の1959年のローカル・ヒット曲「Puppy Love」のB面「Say You Love Me」でジミーと一緒にリード・ボーカルをとっていた。4人となったグループは、フォー・ペニーズ(the Four Pennies)と名乗り、「When the Boy's Happy」を歌うときにはピーターソンがリードをとった。1963年の途中から、グループは徐々にシフォンズと名乗るようになっていった。

最初のシングル盤である「イカした彼(He's So Fine)」を録音した頃には、グループ名はシフォンズになっていた。このデビュー曲は、ロナルド・マックの作品で、「ライオンは寝ている」で有名なトーケンズがプロデュースし、ローリー・レコード(Laurie Records)からリリースされた。「イカした彼」は全米1位のヒットとなり、百万枚以上を売り上げてゴールドディスクを獲得した[1](この売上枚数は、ゴールド・ディスクの基準を50万枚に引き下げた、1975年以降に適用されているアメリカレコード協会の現行の基準当てはめると、プラチナ・ディスクに相当する)。

1963年には、フォー・ペニーズ名義でも2枚のシングルがローリー・レコード傘下のレーベル、ラスト(Rust)からリリースされていたが、「イカした彼」の成功以降、グループはこの名義を使わなくなった。最初の大ヒットに続いて、ジェリー・ゴフィンキャロル・キングが作詞作曲した「One Fine Day」、「Sweet Talkin' Guy」、「I Have A Boyfriend」などが発売された。やがて1960年代半ば過ぎになると、ピーターソンのグループの中での役割がいよいよ高まり、「Why Am I So Shy」、「Strange, Strange Feeling」、「The Real Thing」、「My Block」(Jimmy Radcliffe、Carl Spencer、Bert Bernsの作品)など、シフォンズの多くの曲でリードをとるようになった。

1970年ジョージ・ハリスンが「マイ・スウィート・ロード」という曲をリリースすると、「イカした彼」との類似性が指摘されるようになり、後にシフォンズ側は著作権侵害を主張して訴えを起こす。そうした中、シフォンズは1975年に「マイ・スウィート・ロード」をレコーディングしている。判決で判事はハリスンが既存の曲をそうとは意識しないままに盗用したものと認定した[2]

1970年、ジュディ・クレイグがグループを離れたが、シフォンズは3人組として活動を継続した。しかし、1992年5月15日にバーバラ・リーが、45歳の誕生日の前夜に心臓発作で死去すると、クレイグはグループに復帰した。その直後にピーターソンが引退し、代わってコニー・ハーヴェイ(Connie Harvey)がグループに入った。その後、ハーヴェイはソロ歌手としての道を歩み、ベネットもグループから引退した。

2009年の時点で、ジュディ・クレイグは、自身の娘と姪と一緒にシフォンズを名乗り、米国内外のショーに出演している。[要出典]

ディスコグラフィ[編集]

the Four Pennies[編集]

シングル

the Chiffons[編集]

アルバム

  • 1963: He's So Fine (US #97)
  1. "He's So Fine"
  2. "Will You Love Me Tomorrow"
  3. "Oh My Lover"
  4. "Why Do Fools Fall in Love"
  5. "My Block"
  6. "ABC-123"
  7. "Lucky Me"
  8. "Why Am I So Shy"
  9. "See You in September"
  10. "Wishing"
  11. "Mystic Voice"
  12. "When I Go to Sleep at Night"
  • 1963: One Fine Day
  1. "One Fine Day"
  2. "It's My Party"
  3. "The Loco-Motion"
  4. "Tonight I Met an Angel"
  5. "Only My Friend"
  6. "Da Doo Ron Ron"
  7. "I Wonder Why"
  8. "Foolish Little Girl"
  9. "I'm Going to Dry My Eyes"
  10. "Did You Ever Go Steady"
  11. "When Summer's Through"
  12. "Love is Like a Merry Go Round"
  13. "My Boyfriend's Back"
  • 1966: Sweet Talkin' Guy (US #149)
  1. "Sweet Talkin' Guy"
  2. "Up on the Bridge"
  3. "Nobody Knows What's Going On"
  4. "Thumbs Down"
  5. "Just a Boy"
  6. "Down Down Down"
  7. "Out of This World"
  8. "My Boyfriend's Back"
  9. "Open Your Eyes"
  10. "March"
  11. "Keep the Boy Happy"
  12. "See You in September"
  • 1970: My Secret Love
  1. "Secret Love"
  2. "You're The Love of a Lifetime"
  3. "Soul"
  4. "I Don't Deserve a Boy Like You"
  5. "Strange Strange Feeling"
  6. "Now That You're My Baby"
  7. "The First and Last"
  8. "Remember Me Baby"
  9. "It Hurts to Be Sixteen"
  10. "Every Boy and Every Girl"

コンピレーション・アルバム

  • 1974: Everything You Always Wanted to Hear by the Chiffons but Couldn't Get
  • 1979: The Chiffons Sing the Hits of the 50's & 60's
  • 2004: Absolutely the Best!

シングル

  • 1963: "He's So Fine"/"Oh My Lover" (US #1, UK #16)
  • 1963: "Lucky Me"/"Why Am I So Shy"
  • 1963: "One Fine Day"/"Why Am I So Shy" (US #5, UK #29)
  • 1963: "A Love So Fine"/"Only My Friend" (US #40)
  • 1963: "I Have a Boyfriend"/"I'm Gonna Dry My Eyes" (US #36)
  • 1964: "Sailor Boy"/"When The Summer is Through" (US #81)
  • 1964: "Easy to Love"/"Tonight I Met an Angel"
  • 1964: "What Am I Gonna Do With You (Hey Baby)"/"Strange, Strange Feeling"
  • 1965: "Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me)"/"Did You Ever Go Steady" (US #49)
  • 1965: "Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me)"/"The Real Thing"
  • 1965: "Tonight I'm Gonna Dream"/"Heavenly Place"
  • 1966: "Out of This World"/"Just a Boy" (US #67)
  • 1966: "Stop, Look and Listen"/"March" (US #85)
  • 1966: "Sweet Talkin' Guy"/"Did You Ever Go Steady" (US #10, UK #31 (UK#4 (1972 re-issue))
  • 1966: "My Boyfriend's Back"/"I Got Plenty of Nuttin'"
  • 1967: "If I Knew Then"/"Keep the Boy Happy"
  • 1968: "Up on the Bridge"/"March"
  • 1968: "Just for Tonight"/"Teach Me How"
  • 1969: "Love Me Like You're Gonna Lose Me"/"Three Dips of Ice Cream"
  • 1970: "So Much in Love"/"Strange Strange Feeling"
  • 1975: "My Sweet Lord"/"Main Nerve"
  • 1976: "Dream Dream Dream"/"Oh My Love"

出典・脚注[編集]

  1. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 157. ISBN 0-214-20512-6. 
  2. ^ Bright Tunes Music v. Harrisongs Music”. Columbia Law School Arthur W. Diamond Law Library Music Plagiarism Project (2002年). 2007年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]