シニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーセウスとシニス

シニス古希: Σίνις, Sinis)は、ギリシア神話の人物である。別名ピテュオカムプテース古希: Πιτυοκάμπτης, Pityokamptēs, 「曲げ男」の意)。ポリュペーモーンとシュレアーの子[1]、あるいはポセイドーンの子。ペリグーネーの父で、メラニッポスの祖父[2]

シニスは怪力の盗賊で、コリントスイストモス地峡で、旅人にひどい乱暴をした。シニスは松の木を地面まで曲げ、松がもとに戻らないように押さえさせ、跳ね飛ばして殺した[3]。あるいは旅人とともに松を押さえているときに手を離し、跳ね飛ばして殺した[4]。またあるいは2本の松を曲げて旅人の両足に縛り、旅人は2本の松がもとに戻るときに引き裂かれた[5]テーセウスアテーナイに向かっているときに、シニスをそれまで彼がしてきたのと同じ方法で殺した。またテーセウスはシニスを殺した後、彼の娘ペリグーネーとの間に1子メラニッポスをもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻16・2。
  2. ^ プルタルコス「テーセウス伝」、8。パウサニアス、10巻25・7。
  3. ^ アポロドーロス、3巻16・2。
  4. ^ ヒュギーヌス、38。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』7巻。パウサニアス、2巻1・4。

参考文献[編集]