シドニー・シューメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シドニー・シューメーカー(Sydney Shoemaker, 1931年 - )はアメリカ合衆国の哲学者。引退するまで コーネル大学で哲学科の教授(Susan Linn Sage Professor)を務めた。

1931年生まれ。リード大学で学士、コーネル大学でPhDを得た。1971年にオックスフォード大学でジョン・ロック講義を担当。活動の領域は心の哲学形而上学。この二つの分野で多くの有名な論文を著した。1975年の論文 "Functionalism and Qualia" では、心的状態についての機能主義により、心的状態の質的特徴(生の感覚)が説明可能であると論じた(クオリアの問題)。1968年の論文 "Self-Reference and Self-Awareness" では、 「誤判定による間違いに対する耐性」(Immunity to Error Through Misidentification)という現象は、心的状態についての自己属性(例えば「私はカナリアを見ている」)と物理的状態についての自己属性(例えば「私の体重は90kgだ」)を分けるものだと論じた(自分の体重は間違い得ても、自分の心的状態は間違え得ない)。形而上学においては、条件付き因果的効力のクラスター(clusters of conditional causal powers)としての性質、という観点から、法則は形而上学的必然(metaphysically necessary)であるという立場を取った。この立場を心的因果の立場にも適用した。また自己知(self-knowledge)と自己同一性(personal identity)についての議論にも重要な貢献をし、"Persons and their Pasts" においてロック的な心理学的連続説を採った。近年の論文で、知覚内容について内在的表象主義の立場を論じている。

著作[編集]

外部リンク[編集]