シティ・オブ・ベルリン (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティ・オブ・ベルリン
Inman City of Berlin.jpg
基本情報
船種 蒸気船
船籍  イギリス
所有者 インマン・ライン
建造所 ケード・アンド・カンパニー
母港 リヴァプール
経歴
進水 1874年10月27日
就航 1875年4月29日
大西洋横断航路)
最後 1921年に解体
要目
総トン数 5,491トン
長さ 488.6フィート (148.9 m)
44.2フィート (13.5 m)
推進 蒸気機関、スクリュー1軸
速力 15ノット
その他 マスト数: 3本
煙突数: 1本
テンプレートを表示

シティ・オブ・ベルリン(英:SS City of Berlin)は、ケード・アンド・カンパニーによって建造された客船である。後に2度の改名を行った。

概要[編集]

シティ・オブ・ベルリンは1874年に進水、インマン・ラインへと引き渡された後、リヴァプール - ニューヨーク間の航路に就航した。同時に郵便物を運ぶサービスも行っていた。

1875年12月、シティ・オブ・ベルリンはクイーズタウン - ニューヨーク間を7日18時間2分(速力15.21ノット)で横断し、ブルーリボン賞に輝いた。

その後の航海で2度ほどトラブルがあり、他の船舶に引っ張ってもらうというアクシデントがあった。シティ・オブ・ベルリンのエンジンは効率が悪く、一日に120トンもの石炭を使用していたため、1887年にエンジンを改装した。シティ・オブ・ベルリンはインマン・ラインとアメリカン・ラインが合併したあともそのまま使用され続けたが、船名がベルリン(Berlin)と短くなった。

1898年、ベルリンは米西戦争の勃発に伴いアメリカ政府に徴用され、ミード(Meade)と改名した。ミードはフィリピンへ輸送船として兵士を運び、戦争で大きく損傷した。その後修理され第一次世界大戦などで輸送船として使用され続け、1921年にスクラップとなった。

記録
先代:
ゲルマニック
ブルーリボン賞 (船舶)(西回り航路)保持船舶
1875年
次代:
ブリタニック
先代:
バルチック
ブルーリボン賞 (船舶)(東回り航路)保持船舶
1875年
次代:
ゲルマニック