シティ・オブ・セントルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シティ・オブ・セントルイス(City of St. Louis)は9.10列車として、1946年から1968年までユニオン・パシフィック鉄道(Union Pacific Railroad)が運行していた旅客列車。

概要[編集]

シティ・オブ・セントルイス(City of St. Louis)は9.10列車として、1946年から1968年までユニオン・パシフィック鉄道(Union Pacific Railroad)が、ミズーリ州セントルイスワイオミング州シャイアンの間を運行していた旅客列車であった。

車両はシャイアンでシティ・オブ・ロサンゼルス (City of Los Angeles)やシティ・オブ・サンフランシスコ (City of San Francisco)、シティ・オブ・ポートランド(City of Portland)の各大陸横断列車に連結され西海岸の各都市へ連絡した。こうした運行形態から、シカゴと並ぶ大陸横断鉄道のハブであった当時のセントルイスと太平洋岸の主要都市とを結ぶ連絡線としての役割を果たしていた路線であったと言える。

しかし1968年、運行区間はセントルイス・カンザスシティ間のミズーリ州内に短縮され、列車名称もシティ・オブ・カンサスシティ(City of Kansas City)と変更された。当初は、セントルイス・カンサスシティ間はウォーバッシュ鉄道に乗入れていたが、後にノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道に変わった。

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1946年 シティ・オブ・セントルイス(City of St. Louis)運行開始
  • 1968年 セントルイスとカンザスシティ間の運行を廃止。シティ・オブ・カンサスシティ(City of Kansas City)に名称変更。同区間の連絡列車・シティ・オブ・セントルイス(City of St. Louis)運行開始
  • 1969年 セントルイス・カンサスシティ間の連絡列車・シティ・オブ・セントルイス(City of St. Louis)運行停止  
  • 1971年 シティ・オブ・カンサスシティ(City of Kansas City)運行停止

1959年8月17日の編成(セントルイス発ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル行き・カンザスシティ出発時)[編集]

使用車両 車両愛称・形式 車種
UP937 E8Aディーゼル機関車 ディーゼル機関車 UP962B E9Bディーゼル機関車 ディーゼル機関車
UP931B E8Bディーゼル機関車 ディーゼル機関車
UP5810   バゲージ・メール(郵便・荷物車)
UP5677   バゲージ(荷物車
UP5634   バゲージ(荷物車)
UP5402   コーチ(座席
UP5423   コーチ
UP7015   ドーム・コーチ
UP5419   コーチ
UP5435   コーチ
UP6105   ドミトリー(従業員室)・ビュッフェラウンジ
UP4808   ダイニング
UP9008   ドーム・ビュッフェ・ラウンジ
UP PACIFIC TRAIL 寝台車(10ルーメット・6ダブベッドルーム)
UP NATIONAL COMMAND 寝台車(6セクション・6ルーメット・4ダブルベッドルーム)
UP AMERICAN PARK 寝台車(6セクション・6ルーメット・4ダブルベッドルーム)
UP AMERICAN HILLS 寝台車(6セクション・6ルーメット・4ダブルベッドルーム)

 

姉妹列車[編集]

参考文献[編集]

  • Kratville, William W. and Ranks, Harold E., The Union Pacific Streamliners. Kratville Publications, 1974.
  • karl,Zimmermann Domeliners. Kalmbach Publishing, 1998.ISBN 0-89024-292-5
  • Patrick C,Dorin Union Pacific's Challenger. TLC Publishing, 2001.ISBN 1-883089-64-6
  • Robert J, Wayner. Passenger Train Consists 1923-1973 Wayner Publications

外部リンク[編集]