シティジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CityJet
Cityjet logo.svg
IATA
WX
ICAO
BCY
コールサイン
CITY-IRELAND
設立 1992年
ハブ空港 ロンドン・シティ空港
焦点空港 ダブリン空港
シャルル・ド・ゴール国際空港
マイレージサービス Flying Blue
会員ラウンジ Departure Lounge
航空連合 スカイチーム
保有機材数 38機
就航地 15都市
親会社 エールフランス
本拠地 アイルランドダブリン

シティジェット (CityJet) はエールフランス‐KLM傘下のコミューター航空会社ロンドン・シティ空港を発着する便を中心に運航しているが、本社はアイルランドにある。

概要[編集]

1992年に会社が設立され、1994年にはヴァージン・アトランティック航空のフランチャイズとしてロンドン・シティ~ダブリン間で定期便の運航を開始。1997年からは自主運航を開始した。

2002年にはエールフランスの100%子会社となり、ロンドン・シティ空港と欧州各空港の輸送を担うようになった。2010年にはKLM傘下であったVLMエアラインズを吸収し、VLM所有のフォッカー50をCityjetの便名で運航している。

STOL性能に優れたAVRO RJ85を多数所有し、ロンドン・シティ空港における輸送の中心を担う航空会社の一つである。インターナショナル・エアラインズ・グループBAシティフライヤーもロンドン・シティ空港発着の欧州内路線を多数運航しており、競合関係にある。

2009年度にはロンドン・シティ空港利用者のうち100万人以上を輸送しているが、財務体質は良好でない状態が続いており、2012年にはエールフランスが売却を考えていると報じられた[1]

保有機材[編集]

2012年12月現在で以下の機材を用いて運航している。

パリ発着便とロンドン発着便では座席構成が異なる。(パリ発着は3クラス、ロンドン発着は2クラスで運航)

脚注[編集]

  1. ^ Air France-KLM considering to sell CityJetvolaspheric、2013年1月23日閲覧

外部リンク[編集]