シットアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デクライン・シットアップ(スタート)
デクライン・シットアップ(フィニッシュ)

シットアップ(sit up)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。上体起こしとも呼ばれる。腹直筋を主に鍛える。

具体的動作[編集]

シットアップ[編集]

  1. シットアップボードまたは床に仰向けになり、脚を固定する。
  2. 息を吐きながら、頭・肩・体幹の順に起こしていく。上背部を丸めながらさらに体幹を上げていき、腰椎をボードまたは床に対して45度くらいまで屈曲させる。
  3. 息を吸いながら体幹部を伸ばし、元の姿勢に戻る。頭を完全にボード(床)につけることはないが、上背部がつくまではしっかりと戻る。
  4. 2〜3を繰り返す。

「腕を伸ばして両手を体側につける→両手を腹の前で組む→両手を胸の前で組む→両手を頭の後ろで組む」の順に負荷が増える。

デクライン・シットアップ[編集]

シットアップは傾斜をつけて行うと負荷が増える。

  1. 傾斜をつけたシットアップボードに仰向けになり、脚を固定する。
  2. 息を吐きながら、頭・肩・体幹の順に起こしていく。上背部を丸めながらさらに体幹を上げていき、腰椎をボードに対して45度くらいまで屈曲させる。
  3. 息を吸いながら体幹部を伸ばし、元の姿勢に戻る。頭を完全にボードにつけることはないが、上背部がつくまではしっかりと戻る。
  4. 2〜3を繰り返す。

「腕を伸ばして両手を体側につける→両手を腹の前で組む→両手を胸の前で組む→両手を頭の後ろで組む」の順に負荷が増える。

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。

関連項目[編集]