シソワット・シリク・マタク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シソワット・シリク・マタク

シソワット・シリク・マタク(Sisowath Sirik Matak, 1914年1月22日 - 1975年4月21日)は、カンボジアの政治家。

生涯[編集]

シソワット王家出身で、ノロドム・シハヌークのいとこにあたる。1954年以降、シハヌーク政権の下で外務大臣や駐日大使、副首相など要職を歴任した。

1970年3月18日、首相のロン・ノルとともにクーデターを起こし、病気の治療のため北京を訪れていたシハヌークを打倒した。クーデター実行時には、なおシハヌークへの忠誠心から決行を渋るロン・ノルにピストルを突きつけて決断を迫ったといわれている。 1971年、病気で倒れたロン・ノルに代わり首相職を代行するが、翌年には彼と対立して下野した。

カンボジア内戦が激化し、共産勢力であるクメール・ルージュの勢力が伸長すると、クメール・ルージュによりロン・ノル大統領、ロン・ボレト首相、ソステン・フェルナンデス参謀総長らともに「七人の売国奴」と称され、死刑判決を受けることとなった。

1975年4月17日、クメール・ルージュによりプノンペンが陥落、シリク・マタクは数日前に米国へ亡命を勧められていたが同行を拒否した。 その後、避難していたプノンペンのフランス大使館にクメール・ルージュ軍が迫ると投降したが、直後に殺害された。

関連項目[編集]