シス-3-ヘキセナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シス-3-ヘキセナール
cis-3-Hexenal
識別情報
CAS登録番号 6789-80-6
PubChem 643941
ChemSpider 559032
UNII 6V54TKA96C
特性
化学式 C6H10O
モル質量 98.14 g/mol
密度 0.851 g/cm3
沸点

126℃

関連する物質
関連する異性体 トランス-2-ヘキセナール
関連物質 ヘキサナール
シス-3-ヘキセノール
1-ヘキサノール - 同様に、草の香りを持つ
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シス-3-ヘキセナールcis-3-Hexenal)は脂肪族アルデヒドの一種。異性体のトランス-2-ヘキセナールとともに青葉アルデヒドの別名を持ち、の匂いの主要な成分である。 天然にはホウレンソウ[1]クローバーブナクリカシの葉や生の茶葉たらの芽[2]など植物から広く見つかっており、トマトの香り成分としても重要である。多くの昆虫がフェロモンとして利用している[3]サッポロビールは2013年に、ホップに含まれるシス-3-ヘキセナールおよび1-ヘキサナールのどごしを向上させるとの研究結果を発表した[4]

製法と用途[編集]

シス-3-ヘキセノールの慎重な酸化により製造され、フローラルタイプのフレグランスやフルーツタイプのフレーバーにグリーンノートを与えるために使用される[2]

シス-3-ヘキセナールは比較的不安定であり、トランス-2-ヘキセナールに異性化しやすいが、アルコールアナログであるシス-3-ヘキセノールは安定しており、弱いものの同様の香りを持つことから広く香料として利用される。

脚注[編集]

  1. ^ 香りのミニ知識 野菜長谷川香料
  2. ^ a b 湖上国雄 『香料の物質工学 -製造・分析技術とその利用』 地人書館1995年、147頁。ISBN 4-8052-0491-5
  3. ^ Pherobase(英文)
  4. ^ “ビールの「のどごし」向上、ホップの香り成分影響-サッポロが実験成果”. 日刊工業新聞. (2013年5月17日). http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130517ceap.html 2014年4月28日閲覧。