システインリアーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
システインリアーゼ
識別子
EC番号 4.4.1.10
CAS登録番号 9079-86-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

システインリアーゼ(Cysteine lyase)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

L-システイン + 亜硫酸 \rightleftharpoons L-システイン酸 + 硫化水素

即ち、この酵素の基質はL-システイン亜硫酸、生成物はL-システイン酸硫化水素である。

この酵素はリアーゼのファミリーに属し、特に炭素-硫黄リアーゼである。系統名はL-システイン硫化水素リアーゼである。この酵素は、システイン代謝タウリン及びヒポタウリン代謝に関与する。また、補因子としてピリドキサールリン酸を必要とする。

出典[編集]

  • Tolosa EA, Chepurnova NK, Khomutov RM, Severin ES (1969). “Reactions catalysed by cysteine lyase from the yolk sac of chicken embryo”. Biochim. Biophys. Acta. 171 (2): 369–71. PMID 5813025.