システアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
システアミン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 60-23-1 チェック
PubChem 6058
KEGG D03634
特性
化学式 C2H7NS
モル質量 77.15 g mol−1
融点

95-97 °C

危険性
MSDS External MSDS
EU分類 有害 Harmful (Xn)
Sフレーズ S26 S36
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

システアミン(cysteamine)は、化学式がHSCH2CH2NH2化合物である。単純なアミノチオールであり、システインの分解生成物である。塩酸塩(HSCH2CH2NH3Cl、CAS#[156-57-0])としてしばしば用いられる。

生化学的、薬学的特性[編集]

商標名はCystagon®であり、シスチン排出疾患の治療に用いられる。システアミンがシスチンジスルフィド結合を開裂させることにより、シスチン蓄積症およびシスチン尿症に作用する。

被爆の治療にも用いられる[1]

生体内ではパントテン酸アデノシン三リン酸との結合による補酵素Aの合成に用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ Lukashin BP, Grebeniuk AN (2001). “[Comparative study of the radiation-protective effectiveness of low doses of cysteamine, heparin, and naphtizine in experiments on mice]” (Russian). Radiatsionnaia biologiia, radioecologiia / Rossiĭskaia akademiia nauk 41 (3): 310–2. PMID 11458646.