シゲリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シゲリック

シゲリック(Sigeric、?–415年)は、5世紀西ゴート族の王。在位7日で暗殺された。

来歴[編集]

先代の西ゴート族の王アタウルフが暗殺された後、有力貴族の後援を受けて王位に就いた。かつてシゲリックの兄弟はアタウルフにより処刑されたため、シゲリックはアタウルフに復讐を誓っており、このアタウルフの暗殺に関与したとも考えられるが不明である。

シゲリックは残酷な君主であったと言われている。アタウルフが先妻との間にもうけた6人の息子を全て処刑し、また後妻であるガッラ・プラキディアを侮辱して、奴隷たちに混ぜて長距離を移動させた。ローマ帝国敵視政策を採り、遠征を計画した。しかし即位から僅か7日後、ワリアの支持者たちにより殺害された。


先代:
アタウルフ
西ゴート族の王
415年
次代:
ワリア