シクンシ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクンシ科
クロンキスト体系
Terminalia catappa Blanco1.144.png
モモタマナ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: シクンシ科 Combretaceae
学名
Combretaceae
R.Br. (1810)

本文参照

シクンシ科(Combretaceae) は双子葉植物フトモモ目の科で、旧世界熱帯亜熱帯に分布する木本つる植物を含む)、14-20600ほどからなる。

は両性または単性で、子房下位、4-5数性、雄蕊は5から多数ある。マングローブ樹種もあり、これらは胎生種子をつける。日本ではモモタマナ南西諸島小笠原諸島に自生および栽培され、ヒルギモドキ琉球諸島沖縄県)のマングローブに自生する。

利用としてはシクンシが薬用に用いられ、モモタマナは食用または薬用にされる。

[編集]

  • Anogeissus
  • Buchenavia
  • Bucida
  • Calopyxis
  • Calycopteris
  • シクンシ属 Combretum
    • シクンシ英語版 C. indicum - 花を鑑賞するほか、種子を使君子(しくんし)といい、駆虫薬として知られる。かつては Quisqualis indica の学名を与えられていたが、遺伝子解析により変更された。
  • Conocarpus
  • Dansiea
  • Guiera
  • Laguncularia
  • ヒルギモドキ属 Lumnitzera
  • Macropteranthes
  • Melostemon
  • Pteleopsis
  • Strephonema
  • モモタマナ属 Terminalia
  • Terminaliopsis
  • Thiloa

外部リンク[編集]