シクロペンタンペントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクロペンタンペントン
Cyclopentanepentone
leuconic acid molecule{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 3617-57-0 チェック
PubChem 12305030
ChemSpider 16788087 ×
特性
化学式 C5O5
モル質量 140.05 g mol−1
精密質量 139.974573110 g mol−1
関連する物質
関連物質 シクロヘキサンヘキソン
クロコン酸
デカヒドロキシシクロペンタン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シクロペンタンペントン: Cyclopentanepentone)は、化学式C5O5で表される化合物である。ロイコン酸とも呼ばれる。シクロペンタンの各位がケトン基に置き換わったもので、一酸化炭素の五量体である。

2000年の時点では、微量の合成に成功するにとどまっている[2][3][4]

関連化合物[編集]

シクロペンタンペントンは、クロコン酸アニオン C5O52− に対応する化合物であると捉えることができる。

シクロペンタンペントン五水和物 (C5O5·5H2O) と呼ばれるものは、デカヒドロキシシクロペンタン (C5(OH)10)のことと考えられている[3][5]

脚注[編集]

  1. ^ CID 12305030 - PubChem Public Chemical Database”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2013年8月8日閲覧。
  2. ^ Rubin, M. B.; Gleiter, R. (2000). “The Chemistry of Vicinal Polycarbonyl Compounds”. Chemical Reviews 100 (3): 1121–64. doi:10.1021/cr960079j. PMID 11749259. 
  3. ^ a b Seitz, G.; Imming, P. (1992). “Oxocarbons and pseudooxocarbons”. Chemical Reviews 92 (6): 1227–1260. doi:10.1021/cr00014a004. 
  4. ^ Schröder, D.; Schwarz, H.; Dua, S.; Blanksby, S. J.; Bowie, J. H. (1999). “Mass spectrometric studies of the oxocarbons CnOn (n = 3–6)”. International Journal of Mass Spectrometry 188 (1–2): 17–25. doi:10.1016/S1387-3806(98)14208-2. 
  5. ^ Person, W. B.; Williams, D. G. (1957). “Infrared Spectra and the Structure of Leuconic Acid and Triquinoyl”. Journal of Physical Chemistry 61 (7): 1017–1018. doi:10.1021/j150553a047.