シギウナギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シギウナギ科
Labichthys carinatus.jpg
Labichthys carinatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: ウナギ目 Anguilliformes
亜目 : アナゴ亜目 Congroidei
: シギウナギ科 Nemichthyidae
英名
Snipe eels
下位分類
本文参照

シギウナギ科学名Nemichthyidae)は、ウナギ目に所属する魚類の分類群の一つ。シギウナギなど漂泳性深海魚を中心に、3属9種が記載される[1]。科名の由来は、ギリシア語の「nema(糸状)」および「ichthys(魚)」から[2]

分布・生態[編集]

シギウナギ科の魚類は太平洋大西洋インド洋など、世界中の温暖な海域に広く分布する[1]。水深2,000mまでの深海を主な生息範囲とし、海底から離れた中層を漂って生活する漂泳性深海魚のグループである[3]食性肉食性で、サクラエビなど浮遊性の甲殻類を主に捕食する[4]。特徴的な反り返った口には多くの微細な歯が並び、獲物の体を絡め取るように捕獲すると考えられている[4]

カライワシ上目の仲間に共通する特徴として、仔魚レプトケファルス(葉形仔魚)と呼ばれる独特の形態をとる。シギウナギ科魚類のレプトケファルスは細長い糸状の尾部をもち、他科との鑑別は容易である[3]

形態[編集]

シギウナギ科の仲間は非常に細長い体型をもち、全長は最大で1.6mに達する[2]。著しく伸びた上下の顎が本科魚類の最大の特徴で、互いに反り返った両顎は咬み合わせることはできない[1]。上顎は下顎よりわずかに長い[1]。眼が大きく、側線はよく発達する[1]肛門はクロシギウナギ属では胸鰭のすぐ後ろに、他2属では胸鰭直下に位置する[1]

雄は性成熟とともに顎が短くなり歯は消失するなど、大きな形態学的変化が生じる[1]。このため、かつては同一種の雄と雌が、異なるあるいは別の亜目として分類されていたこともある[1]。成熟雄は鼻孔が拡大しており、雌のフェロモンを敏感に捉えるための変化と推測されている[5]

背鰭と臀鰭の基底は非常に長く、尾鰭と連続する[1]。前鰓蓋骨を欠き、前頭骨は一部のみ癒合する[1]椎骨はクロシギウナギ属および Labichthys 属では170-220個だが、シギウナギ属では750個を超えることもある[1]

分類[編集]

シギウナギ科にはNelson(2006)の体系において3属9種が認められている[1]。現行の分類体系ではアナゴ科ハモ科に近いグループとして位置付けられているが、近年行われたミトコンドリアDNA全長の塩基配列解析では、本科はフウセンウナギ目の仲間から派生し、ノコバウナギ科およびウナギ科と近縁であることが示唆されている[6][7]

クロシギウナギ Avocettina infans (クロシギウナギ属)。反り返った細長い顎が本科魚類の特徴である。本種は水深4,571mからの記録がある[8]
シギウナギ Nemichthys scolopaceus (シギウナギ属)。世界中の温暖な海に幅広く分布し、相模湾の深部でもしばしば観察される[9]
  • クロシギウナギ属 Avocettina
    • クロシギウナギ Avocettina infans
    • クロシギウナギモドキ Avocettina paucipora
    • Avocettina acuticeps
    • Avocettina bowersii
  • シギウナギ属 Nemichthys
    • シギウナギ Nemichthys scolopaceus
    • Nemichthys curvirostris
    • Nemichthys larseni
  • Labichthys
    • Labichthys carinatus
    • Labichthys yanoi

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.122-123
  2. ^ a b Nemichthyidae”. FishBase. 2011年5月29日閲覧。
  3. ^ a b 『海の動物百科2 魚類I』 p.36
  4. ^ a b 『Deep-Sea Fishes』 p.156
  5. ^ 『Deep-Sea Fishes』 p.55
  6. ^ Inoue JG, Miya M, Miller MJ, Sado T, Hanel R, Hatooka K, Aoyama J, Minegishi Y, Nishida M, Tsukamoto K (2010). “Deep-ocean origin of the freshwater eels”. Biol Lett 6 (3): 363-366. 
  7. ^ ウナギの進化的起源は深海に!‐遺伝子分析で解けたウナギの産卵大回遊の謎‐”. 東京大学大気海洋研究所. 2011年5月29日閲覧。
  8. ^ 『日本の海水魚』 p.90
  9. ^ 『深海生物ファイル』 pp.104-105

参考文献[編集]

外部リンク[編集]