シギウナギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シギウナギ
Nemichthys scolopaceus.jpg
シギウナギ Nemichthys scolopaceus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: ウナギ目 Anguilliformes
: シギウナギ科 Nemichthyidae
: シギウナギ属 Nemichthys
: シギウナギ N. scolopaceus
学名
Nemichthys scolopaceus
Richardson, 1848
和名
シギウナギ
英名
Slender snipe eel

シギウナギ(鴫鰻、学名Nemichthys scolopaceus)はウナギ目シギウナギ科に属する魚類の一種。水深300-2,000mの中層で漂泳生活を送る深海魚である[1]。名前の由来は、シギのように細長く伸びた上下のから。

特徴[編集]

シギウナギは海底から離れて生活する遊泳性深海魚の1種で、世界中の温暖な海の深海に広く分布する。あまり積極的に泳ぐことはなく、頭を上あるいは下に向けた状態で中層を漂って暮らし、細長い顎を使ってエビなどの甲殻類を捕食する[2]

体は著しく細長く、体長1.4m程度にまで成長する[1]。雌および未成熟雄の両顎は細長く伸び、上顎の方がやや長い。この顎は互いに外側に反り返り、噛み合わせることはできない。雄は性成熟とともに顎が急速に短縮し、も消失する[3]肛門は胸鰭のすぐ下にある。背鰭と臀鰭の基底は非常に長く、胸鰭のすぐ後ろから体の後端に達する[4]をもたず、側線は3本でよく発達している。

脊椎骨の数は非常に多く、750を超える(同じシギウナギ科に属する他の2属は170-220個)[3]。ウナギ目の他の仲間と同様に、成長過程においてレプトケファルスと呼ばれる幼生期を過ごす。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本の海水魚』 p.90
  2. ^ 『深海生物ファイル』 pp.104-105
  3. ^ a b 『Fishes of the World 4th edition』 p.122
  4. ^ 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 p.86

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]