シカゴ市長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ChicagoMayor
Seal of Chicago, Illinois.png
Rahm Emanuel, official photo portrait color.jpg
現職者
ラーム・エマニュエル

就任日 2011年5月16日
任期 4年間、任期制限無し
初代 ウィリアム·バトラー・オグデン
創設 1837
ウェブサイト Office of the Mayor

シカゴ市長(Mayor of Chicago)はイリノイ州シカゴ最高経営責任者シカゴ市議会の助言と同意を得て、各部門の局長等を任命する。

任命権[編集]

選挙[編集]

4年毎の2月の最終火曜日に、一般投票によって選出される。投票の50%以上を得た候補者がいない場合、決選投票は4月の第1火曜日に行われる。選挙は無党派的に開催されている。市長の任期制限ない都市としては米国最大である。

歴史[編集]

初代はウィリアム·バトラー・オグデンである。カーター・ハリソン·シニアとカーター・ハリソン・ジュニアリチャード· J·デイリーリチャード· M·デイリーの2組は親子で市長を務めた。カーター・ハリソン·ジュニアはシカゴ生まれ初、ジェーン·バーンは女性初兼唯一、ハロルド·ワシントンは黒人初市長である。暫定市長デビッド·デュバル・オアーが最短任期市長である。リチャード· M·デイリーは、1989年選出以来、6期市長を務め、2010年9月に、7期目の出馬を行わないと発表した。2010年12月26日に、デイリーは父親を抜いて、最長任期市長となった。[1]2011年5月16日にに現市長ラーム・エマニュエルが就任した。

市長の一覧[編集]

# 画像 名前 在職期間 政党 備考
1 William B Ogden by GPA Healy, 1855.jpg ウィリアム・バトラー・オグデン 1837–1838 民主党
2 BSMorris.jpg バックナー・スティス・モリス 1838–1839 ホイッグ党
3 BWRaymond.jpg ベンジャミン・ライト・レイモンド 1839–1840 ホイッグ党
4 Alexanderloyd.jpg アレクサンダー・ロイド 1840–1841 民主党
5 Francissherman.jpeg フランシス・コーンウォール・シャーマン 1841–1842 民主党
6 BWRaymond.jpg ベンジャミン・ライト・レイモンド (2期目) 1842–1843 ホイッグ党
7 Augustusgarrett.jpeg アウグストゥス・ギャレット 1843–1844 民主党
8 Alsonsherman.jpeg アルソン・シャーマン 1844–1845 Independent Democrat
9 Augustusgarrett.jpeg アウグストゥス・ギャレット (2期目) 1845–1846 民主党
10 Johnchapin.jpeg ジョン・パトナム・チャピン 1846–1847 ホイッグ党
11 Jamescurtis.jpeg ジェームズ・カーチス 1847–1848 民主党
12 Jameswoodworth.jpeg ジェームス・ハッチンソン・ウッドワース 1848–1850 Independent Democrat英語版
13 Jamescurtis.jpeg ジェームズ・カーチス (2期目) 1850–1851 民主党
14 WalterSGurneeSenorAnderson.png ウォルター・S.ガーニー 1851–1853 民主党
15 Charlesgray.jpeg チャールズ・マクニール・グレー 1853–1854 民主党
16 Isaacmilliken.jpeg アイザック・ローレンス・ミリケン 1854–1855 民主党
17 Leviboone.jpeg レヴィ・デイ・ブーン 1855–1856 American Party
18 Thomasdyer.jpg トーマス・ダイアー 1856–1857 民主党
19 John Wentworth of Chicago.jpeg ジョン・ウェントワース 1857–1858 共和党
20 ジョン・チャールズ・ヘインズ 1858–1860 民主党
21 John Wentworth of Chicago.jpeg ジョン・ウェントワース (2期目) 1860–1861 共和党
22 Julianrumsey.jpeg ジュリアン・シドニー・ラムゼイ 1861–1862 共和党
23 Francissherman.jpeg フランシス・コーンウォール・シャーマン 1862–1865 民主党
24 JBrice.jpg ジョン・ブレイク・ライス 1865–1869 共和党
25 Rosewellmason.jpeg ロズウェルB.メイソン 1869–1871 市民党 任期中にシカゴ大火発生
26 Joseph Medill.jpg ジョセフ・メディル 1871–1873 Fireproof カナダ生まれ。
27 Haveycolin.jpeg ハーヴェイ・ドゥーリトル・コルヴィン 1873–1875 人民党
28 Monroeheath.jpg モンロー・ヒース 1876–1879 共和党
29 Carter Harrison, Sr. - Brady-Handy.jpg カーター・ハリソン・シニア 1879–1887 民主党 カーター・ハリソン・ジュニア英語版の父
30 Johnroche.jpg ジョン・A・ロシュ 1887–1889 共和党
31 デウィット・クリントンCregier 1889–1891 民主党
32 Hempsteadwashburn.jpg ヘンステッド・ウォッシュバーン 1891–1893 共和党
33 CarterHarrison1890.JPG カーター・ハリソン・シニア (2期目) 1893 民主党 カーター・ハリソン・ジュニア父。
34 George Bell Swift.jpg ジョージ・ベル・スウィフト 1893 共和党 Mayor Pro Tem
35 ジョン・パトリック・ホプキンス 1893–1895 民主党
36 George Bell Swift.jpg ジョージ・ベル・スウィフト (2期目) 1895–1897 共和党
37 Carter Henry Harrison cph.3c23214.jpg カーター・ハリソン・ジュニア 1897–1905 民主党 初のシカゴ生まれ。カーター・ハリソン・シニアの息子
38 EFDunne.jpg エドワード・フィッツシモンズ・ダン 1905–1907 民主党
39 Busse2.jpg フレッドA.ブッセ 1907–1911 共和党
40 Carter Henry Harrison cph.3c23214.jpg カーター・ハリソン・ジュニア (2期目) 1911–1915 民主党
41 William hale thompson.jpg ウィリアム・ヘイル・トンプソン 1915–1923 共和党
42 Williamdever.jpg ウィリアム・エメット・デバー 1923–1927 民主党
43 William hale thompson.jpg ウィリアム・ヘイル・トンプソン (2期目) 1927–1931 共和党
44 Anton Cermak cph.3b27410.jpg アントン・サーマク 1931–1933 民主党 在職中に暗殺。オーストリア=ハンガリー帝国クラドノ生まれ。
45 フランク・J・コアー 1933 民主党 32 days, Acting Mayor
46 EdwardJKelly.jpg エドワード·ジョセフ·ケリー 1933–1947 民主党
47 マーティン・H・ケネリー 1947–1955 民主党
48 Richard Daley Sr.jpg リチャード・J・デイリー 1955–1976 民主党 在職中に死去、リチャード・M・デイリーの父。
49 マイケル・アンソニー・ビランディック 1976–1979 民主党
50 JaneByrne1985.jpg ジェーン・マーガレット・バーン 1979–1983 民主党 初の女性市長
51 Washington h.jpg ハロルド・ワシントン 1983–1987 民主党 在職中に死去、初のアフリカ系アメリカ人
52 デビッド・デュバル・オアー 1987 民主党 8日間の暫定市長
53 ユージン・ソーヤー 1987–1989 民主党 ワシントン市長の任期を完了するために、市議会によって選出
54 Richardmdaley.jpg リチャード・M・デイリー 1989–2011 民主党 最長記録保持者。リチャード・J・デイリーの息子。
55 Rahm Emanuel, official photo portrait color.jpg ラーム・エマニュエル 2011–現在 Nonpartisan1
(unofficially Democratic)
初のユダヤ系アメリカ人


1 Rahm Emanuel is a Democrat, but he and all other candidates in the 2011 election officially ran as nonpartisans. Under a 1995 Illinois law, "candidates for mayor . . . no longer would run under party labels in Chicago."[2]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]