シェモヴィト4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェモヴィト4世の印璽

シェモヴィト4世またはジェモヴィト4世(Siemowit IV / Ziemowit IV、1352年頃 - 1426年)は、マゾフシェ諸公の1人で、プウォツク公を称した。チェルスクラーヴァプウォツクゴスティニンなどを領した。マゾフシェ公シェモヴィト3世の次男、母はオパヴァ公ミクラーシュ2世の娘エウフェミア。

父シェモヴィト3世は、自分の領国をシェモヴィト4世とその兄ヤヌシュ1世との間で分割相続させた。1381年にヴィシュを、1387年ベウツを相続した。1382年ハンガリー王ポーランド王ラヨシュ1世が死ぬと、シェモヴィト4世はポーランド次期国王候補に挙げられた。翌1383年クヤヴィを征服したが、マウォポルスカの貴族達とハンガリーの軍勢によって直ちに撃退された。1386年、シェモヴィト4世はリトアニア大公でポーランド王に選ばれたヨガイラ(ヴワディスワフ2世)の配下に入ることを認め、ポーランド王国の世襲の封臣となった。そして翌1387年、ポーランド王の妹アレクサンドラと結婚し、ベウツとその一帯を与えられた。

ヴィズナ、ザフクシェ、プウォンスクなど、シェモヴィト4世はその領地の多くをドイツ騎士団に奪われた。これらの領地を取り戻すべく、1409年から1410年にかけて行われたポーランド・リトアニア・テュートン戦争に参加している。グルンヴァルトの戦いでも、3つの部隊を率いてポーランド側に立って戦った。

子女[編集]

1387年、リトアニア大公アルギルダスの娘アレクサンドラ(ポーランド王、リトアニア大公ヴワディスワフ2世の妹)と結婚し、妻との間に5男7女をもうけた。

  1. シェモヴィト5世(1389年以前 - 1442年)
  2. ヤドヴィガ(1389年から1397年の間 - 1439年) - 1410年、ハンガリーの大貴族ガライ・ヤーノシュと結婚
  3. ツィンバルカ(1393年から1395年の間 - 1429年) - 1412年、オーストリア公エルンスト(鉄公)と結婚
  4. エウフェミア(1395年/1398年 - 1447年) - 1412年、チェシンボレスワフ1世と結婚
  5. アメリア(1396年から1399年の間 - 1434年) - 1413年、マイセン辺境伯ヴィルヘルム2世と結婚
  6. カジミェシュ2世(1396年から1407年の間 - 1442年)
  7. トロイデン2世(1397年から1410年の間 - 1427年)
  8. ヴワディスワフ1世(1398年から1411年の間 - 1455年)
  9. アレクサンデル(1400年 - 1444年) - 枢機卿アクイレイア総大司教
  10. アンナ(1407年/1413年 - 1435年以前) - 1427年、ミーコラス・ジーギマンタイティス(リトアニア大公ジーギマンタス・ケーストゥタイティスの息子)と結婚
  11. マリア(1408年から1415年の間 - 1454年) - 1432年、スタルガルト=スウプスク公ボグスワフ9世と結婚
  12. カタジナ(生没年不詳) - 1440年、ミーコラス・ジーギマンタイティスと結婚