シェパーズ・ブッシュ・エンパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェパーズ・ブッシュ・エンパイア
Shepherds Bush Empire
2011年撮影
概要
住所 Shepherds Bush Green, London W12 8TT
イングランド
座標 北緯51度30分13秒 西経00度13分27秒 / 北緯51.50361度 西経0.22417度 / 51.50361; -0.22417
落成 1903年
建設関係者
所有者 Academy Music Group
建築家 フランク・マッチャム英語版
他の情報
収容人員 2,000人
ウェブサイト
http://www.shepherds-bush-empire.co.uk/

シェパーズ・ブッシュ・エンパイア (Shepherds Bush Empire) は、ロンドン西部のシェパーズ・ブッシュにある、アカデミー・ミュージック・グループ英語版が運営する演奏会場のひとつ。スポンサーであるO2の名を冠して、O2 Shepherds Bush Empire と表記されることもあれば、地名のシェパーズ・ブッシュに準じて、(アポストロフィを付けて)Shepherd's Bush Empire と表記されることもある。この建物はもともと1903年ミュージックホールとして建てられたものであったが、1953年BBCが取得して、「BBCテレビジョン劇場 (BBC Television Theatre)」と改称した[1]。後にBBCの手を離れ、1991年以降は、演奏会場として運営されている。

歴史[編集]

シェパーズ・ブッシュ・エンパイア

シェパーズ・ブッシュ・エンパイアは、1903年に興行主オズワルド・ストール英語版が、劇場建築で知られた建築家フランク・マッチャム英語版の設計により建設した[2]。エンパイアでは、多様な演芸レビューといったミュージックホール系の娯楽が舞台にかかり、そうした演目は、その種の娯楽が衰退していった1950年代はじめころまで続けられた[3]

シェパーズ・ブッシュ・エンパイアは、第二次世界大戦の戦火をかろうじて免れた建物である。シェパーズ・ブッシュ・エンパイアに隣接するシェパーズ・ブッシュ・パビリオンは、1944年に飛行爆弾の爆撃によって内部を破壊され、1955年まで再開業されなかった[4][5]

1953年、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアはBBCに売却され、テレビ放送用のスタジオ劇場として利用されることになり、BBCテレビジョン・シアター (the BBC Television Theatre) と改称した[2]。ここで制作された番組には、『Crackerjack』、『Hancock's Half Hour』、『The Old Grey Whistle Test』、『That's Life!』、『The Generation Game』、『The Basil Brush Show』、『Juke Box Jury』、『This is Your Life』、『Jim'll Fix It』といった、BBCの軽い娯楽番組の大部分のほか、 クリフ・リチャードルルCilla BlackSpike Milliganダスティ・スプリングフィールドシャーリー・バッシー (Shirley Bassey)、ヴェラ・リンHarry Secombeペトゥラ・クラークらが登場するような軽音楽系の娯楽番組の大部分や、ユーロビジョン・ソング・コンテストの国内予選にあたる『A Song For Europe』などがあった。1985年以降は、ここから毎週3夜放送されていたトーク番組『Wogan』の専用となった[6]

BBCは、1991年にこの建物から退去した。1993年には、実業家アンドリュー・マーラー (Andrew Mahler) がこの建物を取得し、100万ポンド以上の資金を投じて建物を改修した[2]1994年には、名称をシェパーズ・ブッシュ・エンパイアに戻し、再開業を果たした[6]。以降は、もっぱら音楽演奏会場として知られるようになった。

再開後のシェパーズ・ブッシュ・エンパイアには数多くの有名アーティスト、バンドが出演してきたが、ここでの演奏をライブ盤や映像作品としてリリースする例も数多くある。キング・クリムゾン1996年の演奏は後にCD化され[7]ビョーク1997年のステージは『Live at Shepherds Bush Empire』として2001年にリリースされた。

近年[編集]

近年、この会場で収録され、DVDがリリースされたライブ映像の例には、2002年のパンク・ロック/ゴス・バンドのダムドの演奏、2003年9月25日木曜日に収録されたオーペススウェーデンプログレッシブ・メタル・バンド)の最初のライブDVD『Lamentations』、2005年11月18日の公演を収めたブルートーンズのライブ盤『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ウェスト・トゥエルヴ』、インディーズ・バンドであるザ・ウェディング・プレゼント2005年11月のコンサート、ジ・オンリー・ワンズ2007年6月のカムバック・コンサートなどがある。2007年にリリースされたエイミー・ワインハウスのライブ盤『I Told You I Was Trouble: Live in London』もエンパイアでの公演を収めたものである。また、トランスアトランティックの3枚目のライブ盤『Whirld Tour 2010: Live in London』は、この会場でレコーディング、撮影された。

ダンス・ミュージックの世界において、エンパイアは Frantic や Heat といったレイブハード・ダンス (hard dance) のイベントに使用される会場として知られている。

エンパイアの収容人員は2,000人しかないが、小規模なギグに適した会場としてよく使われる。

イラク戦争開戦直前の2003年3月10日アメリカ合衆国の女性カントリー・バンドザ・ディクシー・チックスがここで公演した際、ボーカルのナタリイ・メインズ (Natalie Maines) はステージトークでジョージ・W・ブッシュ大統領に批判的なコメントをして、大きな議論を巻き起こした(参照:ディクシー・チックス#政治的な論争[8]

出典・脚注[編集]

  1. ^ BBC handbook British Broadcasting Corporation - 1961 "In 1953 the old Shepherds Bush Empire was acquired mainly for the production of light entertainment shows."
  2. ^ a b c Denny, p.93
  3. ^ Venue History (Official site) accessed 19 August 2008(2006年9月28日時点のアーカイブ
  4. ^ Shepherd's Bush Blog Retrieved December 2011
  5. ^ Denny, p.101
  6. ^ a b The BBC's old studios in London”. 2010年2月18日閲覧。
  7. ^ Collectable King Crimson: Live At Shepherds Bush Empire, London, 1996 CD”. CDUniverse. 2012年5月6日閲覧。
  8. ^ Clarke, Betty (2003年3月12日). “"The Dixie Chicks" concert review”. Guardian Unlimited. 2010年12月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • Denny, Barbara, Hammersmith and Shepherd's Bush Past, Historical Publications Ltd, London (1995), ISBN 0 948667 32 X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分13秒 西経0度13分27秒 / 北緯51.50361度 西経0.22417度 / 51.50361; -0.22417