シェナンドー・バレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェナンドー・バレー、ブルーリッジ高速道より。

シェナンドー・バレー(英語名:Shenandoah Valley)は、アメリカ合衆国バージニア州西部、ウィンチェスターからスタントンにかかる地域の名称。シェナンドア・バレーとも表記される。谷はブルーリッジ山脈を東に、アパラチアおよびアレーゲーニー台地を西に接している。また、リッジ・アンド・バレー地方英語版にも位置している。

地理[編集]

谷の中にある多くの小都市には、ハリソンバーグウェインズボロフロント・ロイヤル英語版などの都市が含まれる。またこの地域にはウェストバージニア州の、東側に突き出ている細長い地域と、同じく小都市であるマーティンスバーグ英語版ハーパーズ・フェリーが含まれる。シェナンドー・バレーの中心を下るとマサナッテン山英語版パウエルズ山脈英語版が山脈を成し、シェナンドー郡にあるフォート・バレー英語版を取り囲んでいる。

地理学的に、シェナンドー・バレーはロアノークまで達しているが、ロアノークとレキシントンはスタントンのやや南まで達しているシェナンドー川流域にはない。北から南まで、シェナンドー・バレーはウェストバージニア州にあるバークレー郡ジェファーソン郡の二つの郡と、バージニア州にあるフレデリック郡クラーク郡ウォーレン郡、シェナンドー郡、ペイジ郡ロッキンガム郡オーガスタ郡の七つの郡を取り巻いている。

歴史[編集]

シェナンドー・バレー、南北戦争時の地図。中央に表されている太い線はブルーリッジ山脈である。

「シェナンドー」という言葉は、「星々の美しい娘」を表すネイティブ・アメリカンの語句に由来する。谷道英語版(後に大ワゴン街道英語版合衆国高速道路11号線英語版)は、デラウェア(レナーペ)族英語版カトーバ族英語版のような部族のための、定期的な移動用の街道として始まり、その後は荷馬車、最終的には自動車の主要な道路となった。20世紀までに、谷街道は有料道路となり、結局はバージニア州政府が権限を獲得して合衆国高速道路11号線となった。より新しい州間高速道路81号線は旧谷道と並行する。

シェナンドー・バレーは実りの多い農業地帯である。谷の豊かな農業用地への大きな期待が見込まれたにもかかわらず、1716年スウィフト川峡谷英語版で、当時バージニア州知事であったアレクサンダー・スポッツウッド英語版の命による黄金の蹄鉄探検騎士団英語版が横断したことでも知られるブルーリッジ山脈は、東部から進める植民地拡大にとって大きな障害であった。その代わり谷は、1730年代ペンシルベニア州からやってきた、ドイツ人やスコットランド系北アイルランド人の移民たちが最初に移住した。前者であるドイツ移民たちは「シェナンドー・ペンシルベニアドイツ人(シェナンドー・ドイチュ、Shenandoah Deitsch)」として知られていた。バージニア州にあるタイドウォーター英語版およびピエドモント英語版地域にあった多くのイギリス人入植地とは対照的に、どちらの移民もポトマック川からシェナンドー・バレーまで南下した。

シェナンドー・バレーは南北戦争においてもバレー方面作戦などが行われた主要な戦地であり、アメリカ合衆国ブドウ栽培地域英語版(AVA)も位置する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]