シェイマス・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェイマス・コールマン Football pictogram.svg
FIFA WC-qualification 2014 - Austria vs Ireland 2013-09-10 - Seamus Coleman 02.jpg
名前
本名 Séamus Coleman[1]
カタカナ シェイマス・コールマン
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1988年10月11日(26歳)
出身地 アイルランドの旗 キリーベッグズ[2]
身長 178cm[3]
体重 67kg[3]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 エヴァトン
ポジション 右サイドバッック
背番号 23
利き足
ユース
セント・キャサリンズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008
2009-
2010
アイルランドの旗 スライゴ・ローヴァーズ
イングランドの旗 エヴァトン
イングランドの旗 ブラックプール
55 (1)
129 (12)
9 (1)
代表歴
2007-2010
2011-
アイルランドの旗 アイルランド U-21
アイルランドの旗 アイルランド
13 (1)
25 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シェイマス・コールマンSéamus Coleman , 1988年10月11日 -)は、アイルランド出身のサッカー選手プレミアリーグエヴァトンに所属しており、アイルランド代表にも選出されている。元はゲーリックフットボールの選手であり、サッカー選手としてのキャリアはスライゴ・ローヴァーズで始まった。2011年に行われたネイションズカップでA代表デビューを飾り、アイルランドサッカー協会が選出する21歳以下の最優秀選手には2009年と2010年の2度選ばれている。

クラブ経歴[編集]

スライゴ・ローヴァーズ[編集]

コールマンはドニゴール州にある港町のキリーベッグズで生まれた[4]。サッカーよりも先にゲーリックフットボールを始め、16歳の時にはゲーリック体育協会の地元のチームでプレイしていた[5]。一方サッカーではキリーベッグズにあるセント・キャサリンズに所属していた時に行われたスライゴ・ローヴァーズとの親善試合でスカウトされ、スライゴ・ローヴァーズに加入することになった。リーグ・オブ・アイルランドでのデビューは2006年10月に行われたデリー・シティ戦であり、アダム・ヒューズと交代で出場した。

監督を務めていたロブ・マクドナルドはコールマンを高く評価しておらず、下部リーグに所属するフィン・ハープスに移籍するべきだとコールマンに話したが[6]、マクドナルドは2007年3月にスライゴを去り[7]ポール・クックが後任に就いた。コールマンはクックについて後に、「彼は自分がまるでリーグで一番の選手であるかのように感じさせてくれた。自分を信頼してくれる監督が居ることはそれが大きな違いになる。」と、話した[6]

コールマンはスイラゴでは2008年5月に行われたブレイ・ワンダラーズ戦で唯一のゴールを記録している。

エヴァトン[編集]

イプスウィッチ・タウンバーミンガム・シティセルティックなども関心を示したが、2009年1月にエヴァトンで監督を務めていたデイヴィッド・モイーズのかつてのチームメイトであるウィリー・マクステイの薦めを受けたエヴァトンに60,000ポンドの移籍金で加入することになった[8]2009年10月22日に行われ0-5で敗れたUEFAヨーロッパリーグベンフィカ戦でデビューを飾り[9]2009年12月6日に行われたトッテナム・ホットスパー戦でプレミアリーグデビューを果たした[10]。その試合では前半途中に負傷したジョゼフ・ヨボと交代で出場し、クロスからルイ・サハのゴールをアシストした。2010年1月2日に行われたカーライル・ユナイテッド戦でFAカップデビューを果たし、その試合唯一となるティム・ケーヒルのゴールをアシストした。2010年9月21日に行われたリーグカップブレントフォード戦でエヴァトンでの初ゴールを記録した。

ブラックプール[編集]

2010年3月に当初は1ヶ月間のローンブラックプールに加入することになった[11]。2-2で引き分けたクリスタル・パレス戦でデビューし、4-2で勝利したスカンソープ・ユナイテッド戦で初ゴールを挙げた[12]。4月にはシーズン終了までローン期間が延長され[13]、その期間中にエヴァトンと新たに4年間の契約を結んだ[14]。ブラックプールは昇格プレイオフの決勝に進出し、カーディフ・シティに3-2で勝利しプレミアリーグ昇格を決めた[15]

エヴァトン復帰後[編集]

エヴァトンに復帰すると、コールマンは右サイドハーフのポジションを掴んだ。2010年11月6日に行われたブラックプール戦ではかつて在籍していたチーム相手にプレミアリーグにおける初ゴールを記録した[16]。その2ヶ月後にはクラブと4年半の新契約を結び[17]PFA年間最優秀若手選手賞にノミネートされた。リーグ戦で4ゴールを挙げたが、シーズン最終戦のチェルシー戦でトップチームのキャリアでは初めてとなる退場処分を受けた[18]

2012年12月31日にクラブと新たに5年半の契約を結んだ[19]

2013-14シーズンはこれまでのキャリアで最高となるリーグ戦で6ゴールを挙げ[20][21]PFA年間ベストイレブンに選出された[22]。クラブのファンと選手が選出する最優秀選手賞の両方を受賞し、監督のロベルト・マルティネスはシーズン39失点に抑えたディフェンスラインの選手の一人であるコールマンをサイドバックの選手としては世界でもベストな一人だと賞賛した。クラブ記録となる72ポイントの勝ち点を挙げ5位でシーズンを終えたエヴァトンの選手の中でコールマンは45回の得点機会を作り出し、チーム3番目の出場時間数を誇り、パス成功率はチーム2番目となる88%であった[23]

2014年6月26日にクラブと新たに5年半の契約を結んだ[24]

代表経歴[編集]

2010年10月に初めてA代表に招集されたが[25]、デビュー戦となったのは2011年2月8日に行われたネイションズカップウェールズ代表戦である[26]

2013年5月29日に行われたイングランド代表戦ではシェーン・ロングのゴールをアシストし、マン・オブ・ザ・マッッチに選ばれた[27]2014 FIFA ワールドカップ予選ドイツ代表戦では初めてキャプテンを務めた[28]

個人記録[編集]

所属クラブ リーグ FAカップ リーグカップ UEFA主催 Total
クラブ シーズン 出場数 ゴール数 出場数 ゴール数 出場数 ゴール数 出場数 ゴール数 出場数 ゴール数
スライゴ・ローヴァーズ 2006–08 55 1 4 0 1 0 60 1
Total 55 1 4 0 1 0 60 1
ブラックプール 2009–10 9 1 12 1
Total 9 1 12 1
エヴァトン 2009–10 3 0 1 0 0 0 3 0 7 0
2010–11 34 4 4 1 2 1 40 6
2011–12 18 0 4 0 2 0 24 0
2012–13 26 0 3 1 2 0 31 1
2013–14 36 6 3 1 2 0 41 7
2014–15 12 2 0 0 0 0 1 1 13 3
Total 129 12 15 3 8 1 4 1 156 17
Career total 194 14 18 3 9 1 4 1 228 19

獲得タイトル[編集]

アイルランド代表[編集]

個人[編集]

  • アイルランドサッカー協会21歳以下年間最優秀選手:2009、2011年
  • PFA年間ベストイレブン:2013-14
  • エヴァトン年間最優秀選手(選手間投票による):2013-14
  • エヴァトン年間最優秀選手(ファン投票による):2013-14

脚注[編集]

[ヘルプ]