シェイピング法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイピング法(シェイピングほう)とは、目的とする行動の変化(増加・減少)にたどり着くために、その方向で少しやりやすい変化をもたらす所から始め、徐々に目的に近づけて行くやり方。

関連項目[編集]