シェイクスピアの性的指向論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイクスピアの性的指向論争 (英語: Sexuality of William Shakespeare) は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア性的指向に関する論争である。

概要[編集]

ルネサンス時代の演劇では女性が舞台に上がる事は許されていなかったので、出演者達は全て少年を含んだ男性だった。従って、『ロミオとジュリエット』や『アントニーとクレオパトラ』なども男性俳優のみで演じられていた事から、作者シェイクスピアが同性愛者か両性愛者なのではないかという指摘がなされ始めた。

1593年5月上旬に、シェイクスピアがパトロンだった第3代サザンプトン伯爵ヘンリー・リズリー英語版に『ヴィーナスとアドーニス』を贈った際に、ラヴレターだと思われるような内容の手紙を出していた事から、二人が恋愛関係にあったと見る学者もいた。

しかし、シェイクスピアの伝記作家イアン・ウィルソンは、「当時、クリストファー・マーロウがそうだったように同性愛は決して珍しくなかった。ヘンリー・リズリーは同性愛者だったが、シェイクスピアは信仰熱心な人だったので同性愛をソドミーだと考えていたので、同性愛者ではなかった」と結論付けている。

ちなみに、シェイクスピアはアン・ハサウェイ英語版と結婚し、子供も産まれた。ただし、いずれにしても確証が得られている訳ではない。