ザール (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザール
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年3月14日(19歳)
死没 (現役種牡馬)
Zafonic
Monroe
母の父 Sir Ivor
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Juddmonte Farms
馬主 Khalid Abdulla
ゴドルフィン
調教師 アンドレ・ファーブル(フランス)
サイード・ビン・スルール (UAE)
競走成績
生涯成績 11戦5勝
テンプレートを表示

ザール (Xaar) とは、イギリス生まれの元競走馬である。現在は種牡馬となっている。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

1997年(2歳)、7月にデビューし、デビュー戦で初勝利を挙げ、重賞初挑戦となったカブール賞 (G3)を制し、重賞初勝利を挙げる。続くモルニ賞 (G1)は2着だったが、サラマンドル賞 (G1)とデューハーストステークス (G1)を連勝し、この年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬に選出された。

1998年(3歳)、クレイヴァンステークス (G3)を制したが、2000ギニー (G1)で4着、ギョームドルナーノ賞 (G2)で2着、チャンピオンステークス (G1)3着と勝ちきれなかった。

1999年(4歳)、ゴドルフィンの所有馬となりサイード・ビン・スルール厩舎に転厩し、プリンスオブウェールズステークス (G2)で3着、エクリプスステークス (G1)で2着となり、このレースを最後に競走馬を引退することになった。

種牡馬時代[編集]

2000年(5歳)、この年からオーストラリアのアローフィールドスタッドにて種牡馬となり、翌年から2005年まではアイルランドキルダンガンスタッドとシャトル供用されていた[1]

2007年(12歳)、日本に輸入され、ダーレージャパンスタリオンコンプレックスで繋養され、翌年より日本で供用を開始した。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ザール血統ミスタープロスペクター系 / Somethingroyal4×5=9.38%

Zafonic
1990 鹿毛
Gone West
1984 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Secrettame Secretariat
Tamerett
Zaizafon
1982 栗毛
The Minstrel Northern Dancer
Fleur
Mofida Right Tack
Wold Lass

Monroe
1977 鹿毛
Sir Ivor
1965 鹿毛
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Attica Mr.Trouble
Athenia
Best in Show
1965 栗毛
Traffic Judge Alibhai
Traffic Court
Stolen Hour Mr.Busher
Late Date F-No.8-f

脚注[編集]

  1. ^ 優駿」(日本中央競馬会)2008年9月号

外部リンク[編集]