ザール川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザール川
ザール川
メトラッハのザール・ループ
延長 246 km
水源の標高 800 m
平均流量 47 /s
流域面積 7,431 km²
水源 ボージュ山脈
河口・合流先 モーゼル川
流域 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
テンプレートを表示

ザール川SaarSarre)は、フランスドイツを流れる河川である。ライン川水系モーゼル川の支流に属する。

水源はフランスのボージュ山脈で、山脈で一番高いドノン山の近くから赤ザールと白ザールの二つの源流が発している。フランスのロレーヌ地域圏とドイツのザールラント州を流れ、ラインラント=プファルツ州のコンツでモーゼル川に合流する。全長246kmのうちフランス側が126km、ドイツ側が120kmである。

かつては、石炭、製鉄、鉄鋼といったザールラント州の産業にとって重要な役割を果たしていた。原材料や製品がモーゼル川やライン川を経由してルール地方ロッテルダム港に運ばれていた。

川沿いの重要な都市としては、フランスのサルグミーヌやドイツのザールブリュッケンがある。世界遺産に登録されたフェルクリンゲン製鉄所は、この川の岸に建っている。メトラッハには、有名な自然景勝地としてザール・ループ(de:Saarschleife)がある。