ザ・レイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・レイド
The Raid
監督 ギャレス・エヴァンス英語版
脚本 ギャレス・エヴァンス
製作 アリオ・サガントロ
出演者 イコ・ウワイス
ヤヤン・ルヒアンインドネシア語版
音楽 マイク・シノダ
ジョセフ・トラパニーズ
撮影 マット・フラネリー
編集 ギャレス・エヴァンス
配給 日本の旗 角川映画
公開 カナダの旗 2011年9月8日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年1月20日SFF
インドネシアの旗 2012年3月23日
日本の旗 2012年10月27日
上映時間 101分[1]
製作国 インドネシアの旗 インドネシア
言語 インドネシア語
製作費 $1,800,000[2][3][4]
興行収入 $4,105,123[5] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 ザ・レイド GOKUDO
テンプレートを表示

ザ・レイド』(The Raid)は、ギャレス・エヴァンス英語版監督・脚本、イコ・ウワイス主演による2011年インドネシア格闘技アクション映画である[6]

麻薬王が支配する高層ビルを舞台に、強制捜査に入ったSWAT部隊と、迎え撃つギャングたちとの戦いを描く[7]

キャスト[編集]

  • ラマ - イコ・ウワイス: 新米SWAT隊員。妊娠している妻がいる。
  • マッド・ドッグ - ヤヤン・ルヒアンインドネシア語版: 麻薬王の側近。格闘技の使い手。
  • ジャカ - ジョー・タスリム英語版: 巡査部長。SWAT部隊の隊長。
  • アンディ - ドニー・アラムシャー英語版: 麻薬王の側近。頭脳派。
  • タマ・リヤディ - レイ・サヘタピー: 麻薬王。高層ビルを支配し、そこに数多くの悪党を住まわせている。
  • ワヒュ - ピエール・グルノ: 警部補。SWAT部隊の指揮を執る。
  • ボウォ - テガール・サトリヤ: SWAT隊員。直情的な性格で、ラマと対立する。

公開[編集]

2011年9月にワールド・プレミアが第36回トロント国際映画祭で行われ、評論家に高評価された上[8][9][10]、ミッドナイト・マッドネス賞を受賞した[11]

アメリカ合衆国ではソニー・ピクチャーズ・クラシックスが権利を獲得できなかったため、タイトルが『The Raid: Redemption』に変更された[12][13]

日本でのプロモーション[編集]

日本での公開初日にあたる2012年10月27日、プロモーションで出演者のイコ・ウワイスヤヤン・ルヒアンインドネシア語版、監督のギャレス・エヴァンス英語版らが来日してイベントを行った[7]。イコは倉田保昭、ヤヤンは千葉真一と共演したいと言い、ヤヤンは「彼(千葉真一)のアクションは本当に勉強になります」と日本が誇る世界のアクションスターに敬意を表した[7]。エヴァンスも三池崇史北野武のファンと語るなど、3人が日本映画の影響を受けていることを語っている[7]

批評家の反応[編集]

批評家には概ね高評価され、Rotten Tomatoesでは136件のレビューで支持率は84%となった[14]。また、Metacriticでは31件のレビューを基に加重平均値は73/100となった[15]。一方で、ロジャー・イーバートはキャラクターに深みが無いと批判した[16]

続編[編集]

続編「ザ・レイド GOKUDO」の公開が決定している[17]。監督は引き続きエヴァンスが務め、俳優にはイコらのほか、松田龍平遠藤憲一北村一輝などが日本の暴力団・後藤組の関係者役で出演する[17]。公開は2014年[17]

出典[編集]

  1. ^ THE RAID (18)” (English). British Board of Film Classification (2012年4月25日). 2012年4月25日閲覧。
  2. ^ Wrenn, Eddie (2012年2月24日). “From the valleys of Wales to the hills of Hollywood: Fledgling director Gareth Evans' meteoric rise to fame as critics praise The Raid (English). Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-2105397/From-valleys-Wales-hills-Hollywood-Fledgling-director-Gareth-Evans-meteoric-rise-fame-critics-praise-The-Raid.html#ixzz1nEfw6GtS 2012年2月23日閲覧。 
  3. ^ Nordling (2012年3月23日). “Nordling Talks To Gareth Evans, Mike Shinoda, And Joe Trapanese About The Kickassocity Of THE RAID: REDEMPTION!” (English). Ain't It Cool News. http://www.aintitcool.com/node/54500 2012年3月24日閲覧。 
  4. ^ (English) (YouTube) The Raid video Q&A @ Sundance 2012. http://www.youtube.com/watch?v=5q0uPhoNTu8 
  5. ^ The Raid: Redemption (2012)” (English). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月22日閲覧。
  6. ^ TIFF Communications Department (2011年8月3日). “When The Clock Strikes Twelve Midnight Madness Delivers Wild Cinematic Thrills” (English). Toronto International Film Festival. 2012年7月31日閲覧。 “The Raid Gareth Evans, Indonesia World Premiere [...] The 36th Toronto International Film Festival runs September 8 to 18, 2011.”
  7. ^ a b c d 『ザ・レイド』最強格闘家たちが新宿でガチバトル!Berryz工房ももちも、必殺技で参戦!?” (日本語). シネマトリビューン. 2012年11月5日閲覧。
  8. ^ Kit, Borys (2011年9月9日). “Toronto 2011: 'The Raid' Starts Midnight Madness on a Butt-Kicking Note” (English). Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/toronto-2011-raid-starts-midnight-233268 2011年9月12日閲覧. "If you love action movies, you cannot miss this movie." 
  9. ^ Sciretta, Peter (2011年9月9日). “Watch: Red Band Trailer For ‘The Raid’ – The Best Kick-Ass Action Movie I’ve Seen in Years [TIFF 2011”] (English). /Film. http://www.slashfilm.com/the-raid-movie-review-trailer-tiff-2011/#more-111635 2011年9月12日閲覧。 
  10. ^ Rocchi, James (2011年9月9日). “TIFF 2011 Review: 'The Raid', Quite possibly the action film of the year” (English). MSN Entertainment. http://social.entertainment.msn.com/movies/blogs/the-hitlist-blogpost.aspx?post=1db42ad6-92bb-4c8b-8777-e9c40c43fce8 2011年9月14日閲覧。 
  11. ^ Brown, Todd (2011年9月18日). “THE RAID Wins TIFF Midnight Madness Award!” (English). Twitch Film. http://twitchfilm.com/news/2011/09/the-raid-wins-tiff-midnight-madness-award.php 2012年2月28日閲覧。 
  12. ^ Evans, Gareth (2012年2月24日). “The Raid: The Raid Trailer and that title” (English). Theraid-movie.blogspot.com. 2012年3月26日閲覧。
  13. ^ de Bruyn, Simon (2012年2月26日). “THE RAID: REDEMPTION Director explains title change” (English). TwitchFilm.com. 2012年10月25日閲覧。 “Truthfully, none of us, the guys at SPC included, wanted to change the title from the original. But once we knew we were going to expand the film into a sequel – possibly a trilogy it opened our eyes up to maybe the need for an all encompassing title that could work for all three films.”
  14. ^ The Raid: Redemption” (English). Rotten Tomatoes. 2012年5月18日閲覧。
  15. ^ The Raid: Redemption” (English). Metacritic. CBS Interactive. 2012年10月25日閲覧。
  16. ^ Ebert, Roger (2012年3月21日). “The Raid: Redemption :: rogerebert.com :: Reviews” (English). Rogerebert.suntimes.com. 2012年5月13日閲覧。
  17. ^ a b c “松田龍平×遠藤憲一×北村一輝がヤクザに!「ザ・レイド」続編、本編映像公開”. 映画.com. (2013年12月14日). http://eiga.com/news/20131214/1/ 2014年1月9日閲覧。 

外部リンク[編集]