ザ・リトル・ウィリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年にSXSWで演奏するザ・リトル・ウィリーズ。左から:ノラ・ジョーンズ、ダン・リーザー、リチャード・ジュリアン

ザ・リトル・ウィリーズ は2003年に結成されたバンド。ピアノとボーカルのノラ・ジョーンズ、ボーカルのリチャード・ジュリアン、ギターのジム・カンピロンゴ、ベースのリー・アレキサンダー 、ドラムのダン・リーザーからなる。

グループは、カントリー音楽の古い曲を愛するメンバーにより結成された。メンバーたち自身の仕事の合間をぬって、彼らは最初の公演をニューヨーク市にあるリビング・ルームで行なった。この公演につづき、ナショナル・パブリック・ラジオの WFUVのための慈​​善コンサートを含め、一連の企画が行なわれる。この「緩やかにつながった集団」のファンの規模は次第におおきくなり、リトル・ウィリーズ自身の名前を冠したデビュー・アルバムが発表されると、彼らの人気はさらに高まった。

彼らの最初のアルバムでカバーされた曲は、フレッド・ローズ「ローリー・ポーリー(Roly Poly) 」、 ハンク・ウィリアムズ「生きてこの世は出られない(I'll Never Get Out of This World Alive)」、ウィリー・ネルソン酔わねばならない(I Gotta Get Drunk) 」「ナイトライフ(Nightlife) 」、タウンズ・ヴァン・ザント「居場所がないとき(No Place to Fall) 」、クリス・クリストファーソンありうるなかで最高の世界(Best of All Possible Worlds) 」。ジョン・メッツガーの評によれば、カバー曲を自身のオリジナルな曲と混ぜ合わせるこのバンドは、「ときとして純金の鉱脈を掘り当てる親しみやすい集団」となっている。 [1]

彼らの2枚めのアルバムは2012年1月に発表され、「ジョニー・キャッシュ、クリス・クリストファーソン、ドリー・パートン、ロレッタ・リン、その他多くの南部の伝説的音楽家たちの曲をカバーしている」。[2]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバムの詳細 チャート上の最高
順位
米国(カントリー) 米国
ザ・リトル・ウィリーズ(The Little Willies)
  • 発表日:2006年3月7日
  • レーベル:Milking Bull
10 48
フォー・ザ・グッド・タイムス(For the Good Times)
  • 発売日:2012年1月6日
  • レーベル:Milking Bull
9 45

出典[編集]

外部リンク[編集]