ザ・ライト -エクソシストの真実-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ライト -エクソシストの真実-
The Rite
監督 ミカエル・ハフストローム
脚本 マイケル・ペトローニ
原作 マット・バグリオ
製作 トリップ・ヴィンソン
ボー・フリン
製作総指揮 ロバート・ベルナッキ
音楽 アレックス・ヘッフェス
撮影 ベン・デイヴィス
編集 デヴィッド・ローゼンブルーム
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年1月28日
日本の旗 2011年4月9日[1]
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $37,000,000[2]
興行収入 $78,970,124[2]
テンプレートを表示

ザ・ライト -エクソシストの真実-』(原題: The Rite)は、2011年アメリカホラー映画

ストーリー[編集]

葬儀社の息子で神学生マイケル・コヴァック(コリン・オドナヒュー)は、悪魔祓いという儀式だけでなく、神の存在さえ疑っていた。成績優秀なマイケルはやがて恩師の推薦で、悪魔祓いの講習を受けるためにバチカンへ派遣される。深い猜疑心を硬い殻のようにまとうマイケルは、悪魔にとり憑かれた者への対応において、必要なのは司祭より精神科医だと指導者たちに言い放つ。

だが、何千回も悪魔祓いをおこなってきた伝説的なエクソシスト、ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の助手を務めることになり、邪悪で凶暴な悪魔がルーカス神父によって追い出されるのを目の当たりにする。しかし、そのルーカス神父もやがて悪魔に取り憑かれ…。自ら十字架を手に取り、悪魔との対決に挑む。[3]

補足[編集]

映画では「悪魔祓い」という言葉が使われているが、キリスト教用語としては「悪霊追い出し」が正しい[要出典]

主人公の名前であるマイケルは、天使ミカエルの英語読みである。

実在の人物・事件をベースに物語は作られている。マイケル神父はシカゴ近郊で合衆国のエクソシスト、14人うちの1人。ルーカス神父は2,000回以上の悪魔祓いを行い、現在もフィレンツェ近郊で活動中。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ルーカス・トレヴァント神父 アンソニー・ホプキンス 糸博
マイケル・コヴァック コリン・オドナヒュー 平川大輔
アンジェリーナ アリシー・ブラガ 安藤みどり
ザビエル神父 キーラン・ハインズ 高宮俊介
マシュー神父 トビー・ジョーンズ 宮澤正
イシュトヴァン・コヴァック ルトガー・ハウアー 佐々木勝彦
ロザリア マルタ・ガスティーニ 川島悠美
アンドリア マリア・グラツィア・クチノッタ
エディ クリス・マークエット

参考文献[編集]

  1. ^ 元々は3月19日に公開予定であったが、東北太平洋沖地震の影響により変更となった(NEWS”. ザ・ライト -エクソシストの真実- 公式サイト. 2011年3月28日閲覧。
  2. ^ a b The Rite (2011)”. Box Office Mojo. 2011年2月1日閲覧。
  3. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ、ザ・ライト【エクソシストの真実】ブックレットより。

外部リンク[編集]