ザ・マスタープラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・マスタープラン
オアシス の コンピレーション・アルバム
リリース 1998年10月28日
録音 1994年2月6日1997年7月
ジャンル ロックブリットポップ
時間 66分28秒
レーベル クリエイション
プロデュース オーウェン・モリス、ノエル・ギャラガー
オアシス 年表
ビィ・ヒア・ナウ
(1997年)
ザ・マスタープラン
(1998年)
スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ
(2000年)
テンプレートを表示

ザ・マスタープラン』 (The Masterplan) は、1998年10月28日に発売されたオアシスのアルバムで、シングルのBサイドの曲をファン投票とノエル・ギャラガーの選曲によって作られた編集盤。

収録曲[編集]

  1. アクイース (Acquiesce)
    シングル「サム・マイト・セイ」収録。Aメロをリアムが、サビをノエルがボーカルを担当する構成となっている。ギャラガー兄弟が共にリードボーカルをとった最初の曲である。ノエル曰く、当初はリアムが全てのパートを担当する予定だったが、レコーディングの直前になってリアムが喉の不調を訴えた(あるいは高音が出なかった)ため、止むを得ずノエルが高音のサビのパートを歌うことになったという話がある。冒頭とアウトロではノエルが「モーニング・グローリー」を歌っている。PVが2種類存在し、ひとつは1997年12月14日にマンチェスターで行われたライブ映像を編集したもの、もうひとつはベスト盤『ストップ・ザ・クロックス』発売時に制作された日本人のコピーバンドが同曲を演奏するものである。
  2. アンダーニース・ザ・スカイ (Underneath the Sky)
    シングル「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」収録。
  3. トーク・トゥナイト (Talk Tonight)
    シングル「サム・マイト・セイ」収録。ベスト盤『ストップ・ザ・クロックス』にも収録された、ノエルのアコースティック・ナンバー。
  4. ゴーイング・ノーウェアー (Going Nowhere)
    シングル「スタンド・バイ・ミー」収録。ノエルがボーカルをとるナンバー。
  5. フェイド・アウェイ (Fade Away)
    シングル「シガレッツ・アンド・アルコール」および日本盤CD「ホワットエヴァー」収録。
  6. ザ・スワンプ・ソング (The Swamp Song)
    シングル「ワンダーウォール」収録。アルバム『モーニング・グローリー』のトラック6,11に同曲の一節が収録されている。
  7. アイ・アム・ザ・ウォルラス(ライヴ) (I Am the Walrus〈live〉)
    シングル「シガレッツ・アンド・アルコール」および日本盤CD「ホワットエヴァー」収録。シングル収録のものよりアウトロが2分ほど早くフェイドアウトする。
  8. リッスン・アップ (Listen Up)
    シングル「シガレッツ・アンド・アルコール」および日本盤CD「ホワットエヴァー」収録。間奏のギター・ソロが若干カットされ、シングル収録のものより20秒ほど短くなっている。
  9. ロッキンチェアー (Rockin' Chair)
    シングル「ロール・ウィズ・イット」収録。
  10. ハーフ・ザ・ワールド・アウェイ (Half the World Away)
    シングル「ホワットエヴァー」収録。ベスト盤『ストップ・ザ・クロックス』にも収録された、ノエルのアコースティック・ナンバー。
  11. トゥ・ビー・フリー (〈It's Good〉To Be Free)
    シングル「ホワットエヴァー」収録。
  12. ステイ・ヤング (Stay Young)
    シングル「ドゥ・ユー・ノウ・ワット・アイ・ミーン?」収録。
  13. ヘッドシュリンカー (Headshrinker)
    シングル「サム・マイト・セイ」収録。
  14. ザ・マスタープラン (The Masterplan)
    シングル「ワンダーウォール」収録。ベスト盤『ストップ・ザ・クロックス』にも収録された、ノエルがボーカルをとるナンバー。ベスト盤発売に合わせて制作されたPVでは、4人のメンバーがアニメーションで登場する。

外部リンク[編集]