ザ・フロート@マリーナ・ベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯1度17分18秒 東経103度51分32秒 / 北緯1.28833度 東経103.85889度 / 1.28833; 103.85889

ザ・フロート@マリーナ・ベイ
Ndp-2007.JPG
施設情報
所在地 シンガポールの旗 マリーナ・ベイ
起工 2006年
開場 2007年
所有者 シンガポール・スポーツカウンシル
運用者 シンガポール・スポーツカウンシル
使用チーム、大会
シンガポールユースオリンピック
収容能力
30,000人

ザ・フロート@マリーナ・ベイ (The Float@Marina Bay) は、シンガポールマリーナ・ベイ地区の海上に設置された世界最大の浮遊式ステージ[1]マリーナ・ベイ・フローティング・プラットフォーム中国語: 滨海湾浮动舞台マレー語: Pentas Terapung Teluk Marinaタミル語: மரீனா பே மிதக்கும் மேடை)とも呼ばれる。

全てがスチールによって作られたプラットフォームの広さは、縦幅120メートル、横幅83メートルに及び、サッカー用のフィールドとしてはナショナルスタジアムより5パーセントほど大きい[1]。プラットフォームは1070トンまでの重量が積載可能であり、これは9000人の人間と200トンの舞台装置、30トンの軍用車両を合わせた総重量に等しい[2][3]

浮遊式会場は2007年より5年間、マリーナ・ベイにおけるスポーツコンサート展示会、文化的な催し等のイベントのために使用されるほか、2014年にカランのスポーツハブに完成予定の新ナショナルスタジアムの完工までナショナル・デイ・パレードの主会場となる[1]

また、スタンドとプラットフォームの間はF1シンガポールグランプリで使用されるシンガポール市街地コースの一部にもなっており、17-18番目のコーナーが設置されている。このコーナーはネルソン・ピケJr.クラッシュゲート事件の舞台としても知られる。

2010年に開催されたシンガポールユースオリンピックでは開会式、閉会式の会場となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Tay Suan Chiang (2007年8月19日). “Staying afloat”. The Sunday Times. p. L7 
  2. ^ Liaw Wy-Cin (2007年6月21日). “All parade tickets given out”. The Straits Times. p. H3 
  3. ^ Brenda Goh (2007). “New stage for the bay”. Voices@Central Singapore (36, Sep/Oct 2007): 24–25. ISSN 0219-6344. 
  4. ^ “Singapore bests Moscow, will host 2010 Youth Olympics”. ESPN. http://sports.espn.go.com/oly/news/story?id=3256367 2008年3月27日閲覧。 

外部リンク[編集]