ザ・フライ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・フライ
U2シングル
収録アルバム アクトン・ベイビー
B面 アレックス・ディセンズ・イントゥ・ヘル
リリース 1991年10月
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
カセット・シングル
8cmCDシングル
12cmCDシングル
ジャンル ロック
時間 4分29秒
レーベル アイランド・レコード
作詞・作曲 U2
プロデュース ダニエル・ラノワ
チャート最高順位
  • 1位(アイルランド、イギリス[1]、オーストラリア[2]、ニュージーランド[3]、ノルウェー[4]
  • 3位(スイス[5]、スウェーデン[6]
  • 5位(オーストリア[7]、オランダ[8]、ドイツ[9]
  • 6位(フランス[10]
  • 16位(カナダ・RPM)
  • 61位(アメリカ・Billboard Hot 100[11]
U2 シングル 年表
オール・アイ・ウォント・イズ・ユー
(1989年)
ザ・フライ
(1991年)
ミステリアス・ウェイズ
(1991年)
テンプレートを表示

ザ・フライ」(The Fly)は、U21991年に発表した楽曲。アルバム『アクトン・ベイビー』(1991年)からの第1弾シングルとして、アルバムに先駆けてリリースされた。

解説[編集]

ファンクのリズムを取り入れた楽曲。Jon Parelesは、1991年11月17日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙において「ボ・ディドリージェームス・ブラウンから稽古を受けたかのように、シンコペーションしたダンス・ソング」と評している[12]。サビの部分のボーカルは、ファルセットと地声の2パートに分かれている。ライブではジ・エッジがファルセットのパートを歌っており、その様子は、『ZOO TVツアー〜ライヴ・フロム・シドニー』等の映像作品で確認できる。

プロデュースはダニエル・ラノワが単独で行い、アルバム『アクトン・ベイビー』を共同プロデュースしたブライアン・イーノは、この曲に関しては"Special Thanks To"とクレジットされている[13]ミュージック・ビデオは、ジョン・クラインとリッチー・スミスが監督した。

シングルのカップリング曲「アレックス・ディセンズ・イントゥ・ヘル」は、ボノとジ・エッジが共作/演奏した楽曲で、オリジナル・アルバム未収録。同曲は、1995年には映画『JM』のサウンドトラックでも使用された[14]。12インチ・シングルや12cmCDシングルには、「ザ・フライ」の別ヴァージョン「ラウンジ・フライ・ミックス」も収録された。

本作は、U2にとって2作目の全英シングルチャート1位獲得作品となった[1]

2010年7月、『スピン』誌の編集者が「過去25年間のベスト・アルバム125」を選出した企画で、U2の『アクトン・ベイビー』が1位に選ばれ、チャールズ・アーロンは同記事において、「ザ・フライ」を「ロック・スターが自分のことを嘘つきで盗人と告白するという主題が共感された」と評した[15]

収録曲[編集]

7インチ・シングル、8cmCDシングル[編集]

  1. ザ・フライ - "The Fly"
  2. アレックス・ディセンズ・イントゥ・ヘル - "Alex Descends into Hell for a Bottle of Milk / Korova 1"

12インチ・シングル、12cmCDシングル[編集]

  1. ザ・フライ - "The Fly"
  2. アレックス・ディセンズ・イントゥ・ヘル - "Alex Descends into Hell for a Bottle of Milk / Korova 1"
  3. ラウンジ・フライ・ミックス - "The Lounge Fly Mix"

脚注[編集]