ザ・フォーモスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Fourmost
基本情報
出身地 イングランド・リヴァプール
ジャンル マージービート, ポップミュージック
活動期間 1961–present
レーベル パーロフォン
CBSレコード
公式サイト Thefourmost.co.uk

{{{Influences}}}

ザ・フォーモスト (The Fourmost) はイングランドマージービートバンドビートルズプロデューサージョージ・マーティンがプロデュース、ブライアン・エプスタインがマネージャー。ロックンロールを主体としたビート・ポップと、コーラスワークで人気を出す。ザ・ビートルズから曲を提供されたバンドとしても有名である。

概要・来歴[編集]

ザ・フォーモストは、メンバーのブライアン・オハラとその親友で1957年に結成されたツー・ジェイズが母体である。グループは、1959年にフォー・ジェイズと名を変えた。1961年ザ・ビートルズがキャバーン・クラブにて演奏する3週間前に、フォー・ジェイズも演奏しており、その時ビリー・ハットンが加わる。程なくして、マイク・ミルワードが加入し、1962年デイヴ・ラヴレディーが加わり、グループもザ・フォーモストと名を変える。

1963年6月30日、グループはEMIと契約を結び、ブライアン・エプスタインが彼らのマネージャーになる。同年8月30日ジョン・レノンによって書かれた「ハロー・リトル・ガール」がチャート9位を記録。続くジョン・レノン作曲の「アイム・イン・ラヴ」も17位を記録し、ヒットを連発する。1964年、グループがオリジナルの「ア・リトル・ラヴィング」が6位を記録。フォーモストの大ヒット曲となる。

その後もヒットを出し、グループ唯一のアルバムも発表したが、1966年、グループの中心メンバーでもあったマイク・ミルワードが白血病により23歳の若さで急逝する。シングル「Girls, Girls, Girls」が発売された後の事だった[1]。ミルワードの後任にジョージ・ペッカムが加入するが[2]、これを皮切りに、グループの人気も失速していく。

ミルワード亡き後も、グループは活動していたが、1999年ブライアン・オハラが自殺する。

メンバー[編集]

フォーモストは、全員がボーカルを担当している。

作品[編集]

  • 'Hello, Little Girl'
  • 'I'm In Love'
  • 'A Little Loving'
  • 'Baby, I Need Your Loving'
  • 'Baby Sittin' Boogie'
  • 'How Can I Tell Her' 他

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]