ザ・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・フィールド(The Field)は、ストックホルム出身のテクノミュージシャン、DJである。本名はアクセル・ウィルナー(Axel Willner)。

透明感溢れるシンセサイザーを基調とした幻想的なミニマルループが特徴的で、叙情的で美しい旋律はアンビエントとテクノをクロスオーバーし、なおかつハウスのフィルターを通した独特の世界観を作品に反映している。

ミシェル・マイヤー(Michel Mayer)が主宰するドイツの名門レーベルKompaktにて、2005年Things Keep Falling Downをリリース。 The Fieldの世界観を詰め込んだこの曲は、CISCO RECORDのチャートにも23位にランキングされるなど、その後のKompaktにおけるアンビエント路線を決定付ける軌跡となる。

翌年5月にSun & Iceをリリース。Border CommunityTraum Recordの成功によってディープミニマルやアンビエントが市民権を獲得してきた時期であり、クラブのフロアではヘビープレイされ、リリースから1年過ぎてもなおCISCO RECORDのチャートにランキングされるなどロングランヒットを記録した。

2007年にはファーストアルバム『From Here We Go Sublime』をリリース。

Kompakt Popでもリミキサーとして活躍するなど、活躍の幅を着実に広げている。

2009年の朝霧JAMで来日し、初日のMOONSHINE STAGEのトリを務めた。

ディスコグラフィー[編集]

EP[編集]

  • Things Keep Falling Down (2005年)
  • Sun & Ice (2006年)
  • From Here We Go Sublime (2007年)

ALBUM[編集]

  • From Here We Go Sublime (2007年)
  • Yesterday And Today(2009年)
  • Looping State of Mind (2011年)
  • Cupid's Head (2013年)

外部リンク[編集]